管理栄養士として【平日休み】と【土日祝日休み】経験してわかったメリット・デメリット

こんにちは!

私は平成生まれの管理栄養士です!

世の中的にはゆとり世代ど真ん中と言える世代です!笑

今回の記事は【働き方】に関して書いてみたのですが、その中でも特に【休みの日】に着目した記事になっています。

ここには、平日休みと土日祝日休み(いわゆるカレンダー通りの休日)の2通りの働き方を経験した私がそれぞれのメリットとデメリットを記してあります。

それでは早速見ていきましょう!

私の働いた環境とは?

実際に平日休みと土日祝日休みのメリット・デメリットを紹介する前に私がどんな環境で働いていたか簡単に紹介したいと思います。

  • 2012年9月~2016年8月の4年間・・・管理栄養士としてサービス業
  • 2017年1月~2017年6月の6ヶ月間・・・管理栄養士として病院栄養士

 

4年間勤めていたサービス業では平日休み、半年間の病院勤務では土日祝日休みという感じです。

サービス業をしていた時は、百貨店や商業施設などで販売業をしていました。

サービス業の経験がある人ならわかると思いますが基本的には土日が忙しくなります。

ですので土日祝日の書き入れ時には出勤し、平日に休みを取るというのが私が働いていた会社では基本スタンスでした。

また、働く時間帯はシフト制なのでまちまちで、その日のシフトによって出勤時間も退勤時間もバラバラでした。

一方で、病院勤務の時は完全に土日祝日休みでした。

働く時間も8時半出勤で17時には退勤できるという感じです。

参考記事→6ヶ月間病院で栄養指導を経験して感じたこと6選

私はこんな感じの環境で働いていました。

ですのでここで紹介する話はこの働き方で働いていたことが前提になります。

私と似た環境で働いている人は、この記事内で紹介するメリットやデメリットを参考にできるのではないでしょうか?

どんな人に役立つ記事なの?

私が働いた環境を何となくご理解いただけたと思うので、次はこの記事がどんな人に役立つ記事なのかを紹介します!

この記事は主にこのような方々に参考にしてもらえるのではないか?と思います。

  • 今就活中などで、社会人になっても休みの日も自分らしく充実させたいと思っている学生
  • 就職してみたが自分にこの働き方が合っていないんではないか?と思っている方々
  • 上の2つのような環境にあって働き方に関して悩んでいる友人をもつ人

 

上記のような人以外ではあまり参考になる記事ではないのですみません・・・(+_+)

では早速【平日休み】【土日祝日休み】のメリット・デメリットを見ていきましょう!

平日休みのメリット

平日休みの人は基本的にはサービス業をしていることが多いと思います。

私がサービス業をしていた中で感じたメリットは大きく3つです。

  1. どこへいっても空いているので質の高いサービスが受けられる
  2. 基本的に平日にしか業務を行っていない機関を利用できる
  3. 月曜日に対するネガティブなイメージがない

 

それでは一つ一つ少しだけ詳しく見ていきましょう!

メリット1 どこへいっても空いているので質の高いサービスが受けられる

私が平日休みで感じた一番のメリットは、基本的にどこへ行っても空いているということです。

どこへいっても空いているので、あらゆるサービスがゆとりをもって受けられるということは嬉しいことです。

例えばレジャーや飲食など、平日休みの人が受けられるメリットは非常に大きいと思います。

みんなが大好きなディズニーリゾートも、もちろん平日の方が空いています。

私もサービス業をしていた身ですので非常に店員さんの気持ちがわかるんですが、混んでいる時のサービスの質はやはり平日の空いている時よりは落ちます。

もちろんサービス業をしている皆さんは、プロとして常に一定にサービスの質を心がけていますが、時間や人手が足りなくなると、やはりどうしてもサービスの質が下がってしまうのです。

また、飲食店などでは平日のランチにお得に利用できるところも非常に多いです!

そういった点では、平日の空いている時間にお得にサービスを受けられるので上質な時間を過ごすことが出来ると思います。

平日に出かけられると、時間にもお金にもゆとりができるのです!

メリット2 基本的に平日にしか業務を行っていない機関を利用できる

金融機関や役所、病院など基本的には平日しか業務を行っていない機関を利用できるのも平日休みのメリットではないでしょうか?

銀行であればお金を引き出したり、お金を振り込んだりできます。

急に役所に行かなければならない事も多々ありますが、そんなときも焦らず事を済ませることが出来ます。

休みの日に病院へ行こうと思ったら、平日ならほとんどの病院が診察を行っています。

何かと締切期限が近付いている・・・なんてこと土日祝日休みの方は経験があるのではないでしょうか?

このように、基本的には平日にしか営業していない機関を利用できるということも私が感じた大きなメリットでした。

今では土日に営業している機関もありますが、やはり料金が高かったり人が混み合ったりします。

銀行などもATMなど時間に関係なく利用できますが、手数料がとられたりするのでやはり平日の方がそのような機関を利用するのが良いですよね!

メリット3 月曜日に対する鬱がなくなる

もしかするとこれは社会一般的に当てはまることかもしれません。

サービス業をしていると、今日が何曜日だかわからないときがあります。

そのくらい曜日感覚がなくなります。

「あれっ?今日なんかお客さん多いな・・・」

なんて思っていると土曜日だったりすることがあるのです。

私の場合は月初や月末になると仕事量が増えるようなサービス業でしたので、月の始まりと終わりに対する意識は強かったのですが、月曜日に対する憂鬱は全くありませんでした。

むしろ月曜日の営業は、お客様の数は減り質が上がるので、月曜日に出勤できると嬉しかったです(^^)/

月~金曜に働いて、土日連休を楽しむとどうしても月曜日が億劫になるのは何となくわかります。

特に仕事が嫌で仕方ない人はそうだと思います。

月曜日が近づくと体調を崩しやすくなるひとは是非平日休みの仕事もオススメです!

平日休みのデメリット

平日休みのメリットを紹介しましたが、今度は逆にデメリットを紹介したいと思います。

基本的には、これから紹介する土日祝日休みのメリットの逆のことがデメリットになります。

なので、ここではその中でも特に感じたデメリットのみを紹介します。

  1. ほとんどのイベントが土日なので参加できないことがある
  2. 連休になることが少ない

 

この2つでしょうか。

一つ目の「土日開催のイベントに参加できない」というのは、次に土日祝日休みのメリットで詳しく書きますが、人によってはかなり大きなデメリットにもなってしまうと思います。

特にみんなと一緒に休日を楽しみたい!という女性はここがネックになってしまう人も多くいると思います。

私は基本的には休みの日は一人で過ごしたいので全くデメリットを感じませんでしたが、友人の結婚式などが重なるとどうしても参加できない事がありました。

そして二つ目の「連休になることが少ない」ということですが、特に3連休になることは稀です。

職場や業種によっては2連休になることも珍しく、3日働いて1日休んで、2日働いて一日休んでといったサイクルのところもあります。

土日休みなら必ず連休があり、あわよくば祝日が重なって3連休なんてこともありますから、大掛かりな計画が立てられますね!

しかし連休が取れないと、旅行や引っ越しなど長い時間をとってしたいことがなかなか難しいというデメリットもあります。

土日祝日休みのメリット

それでは反対に土日祝日休みのメリットについて私が感じたことを紹介していきます。

私は病院の管理栄養士として半年間働きましたが、最初から最後までビックリするくらい全く同じ生活リズムだったので半年以上働いても同じ答えが出ていたと思います。

土日祝日休みで感じることができたメリットは大きく4つです

  1. スポーツ観戦やライブなど大きなイベントに参加できる
  2. 必ず週末に連休があり3連休になることもある喜び
  3. みんなが休みの時に休める安心感
  4. 生活リズムが整う

 

それでは一つ一つ見ていきましょう!

メリット1 スポーツ観戦やライブなど大きなイベントに参加できる

土日に休める大きなメリットはやはり、土日に休めればイベントごとにたくさん参加できるということです。

世の中のイベントごとは基本的には土日に開催されているので、平日休みの時はそれらに参加しにくいというのが悲しかったです。

土日に行われているイベントごとと言ったら、例えばですが次のようなものです。

  • プロスポーツの試合
  • 結婚式や同窓会
  • アーティストのライブ
  • なんかのフェス
  • 各種セミナーや勉強会

 

などなど・・・

もちろん休みを取りやすい職場であれば平日休みの仕事をしていても希望休を出して休みにしてもらえます。

しかし平日休みの人は、今週はライブ、来週は結婚式、そのまた来週はセミナーなど続いてしまうとどうしても希望を出しにくくなることもあります。

無理いって休みが全部取れた場合でも、次の土日で休める日が数か月後だったり・・・

実際に私がサービス業をしていた時はたくさんのイベントごとの参加を断念しました。

土日休みの人はこれらに対して、何の心配もいらずイベントを謳歌できるというのが一番の大きなメリットだと思います。

メリット2 必ず週末に連休があり3連休になることもある喜び

必ず連休が待っている安心感・・・

これは平日にぽつぽつと休む人にとっては考えられないことです。

ですので金曜日の仕事終わった瞬間の喜びと言ったらもう最高でした。

お酒を呑んだり、遊びに行ったりと金曜日の仕事終わりから連休が始まるあのワクワク感は働いてる人が幸せを感じる瞬間だと思います。

そして、あわよくば祝日が重なれば3連休以上休めることもあります。

また、カレンダー通りに休めれば早めに計画を立てられるので、準備などから長い時間かけて旅行なども簡単にできます。

友達と予定を合わせてワイワイしたい人はカレンダー通りに休んで、休みの日を謳歌できる仕事を選ぶのも良いでしょう!

メリット3 みんなが休みの時に休めるという安心感

土日祝日は基本的にみんなも休んでいるので、どこに行っても活気があります。

外出すると「あぁ~世の中は休みなんだな~」という安心感が私にはありましたが、これはもしかすると私しか感じないかもしれません・・・笑

これまでずっと平日休みだったので「みんな働いている中なんか申し訳ないなぁ~」なんて思いながら買い物したりすることもありました。

しかしみんなが休んでいる土日なので、心なしかゆっくり休めるというか、世の中と同じ時間の流れ方を共有できる感じがしました。

これはもしかすると平日休みの仕事と、土日祝日休みの仕事両方を経験したから感じるのかもしれません。

メリットとまでは言えませんが、これは個人的に感じた事でした!

メリット4 生活リズムが整う

これはすごい驚いたのですが、生活リズムが整いすぎて時間が経つのがとても早く感じました。

サービス業をしていた時は、働き始める時間も働き終わる時間をまちまちだったので、帰りは19時に家に着くこともあれば22時に着くこともありました。

出勤時間も8時の日もあれば、12時の日があったりしました。

そうすると寝る時間も起きる時間も毎日バラバラ・・・

しかし土日休みで働く時間が決まっていると、起きる時間も寝る時間も規則的になります。

土日も同じような時間に目が覚めて、同じような時間に眠くなります。

休憩時間も同じ時間に摂れるので食事時間も一定になり、健康的に毎日を送りやすくなるということです。

サービス業では基本的にお客様がすいている時に休憩に行かなければいけないので、出勤して2時間後にお昼に出ないといけない日もあれば17時にやっとお昼が食べられる日もあります。

そういった面ではサービス業をしていた時はかなり不健康な生活スタイルになっていたと思います。

毎日同じ時間に目が覚め、同じ時間に食事ができ、同じ時間に寝れるという生活リズムで働く経験が出来たということは個人的にはとても良かったと思います。

土日祝日休みのデメリット

土日祝日休みの働き方についてメリットを書いてきましたが、デメリットも少し紹介します。

このデメリットは裏を返せば平日休みのメリットにもなるのでほとんど被ってしまいます。

なので簡単に紹介します!

土日祝日休みのデメリットを挙げると・・・

  1. どこへ行っても混んでいる
  2. 基本的に平日にしか業務を行っていない機関を利用しにくい
  3. 月曜日が鬱になる

 

このようなことがデメリットではないでしょうか?

一つ目の「どこへ行っても混んでいる」ということですが、これは本当にどこへ行っても混んでますよね・・・

私は人混みがあまり好きではないのでこのデメリットは個人的には大きかったです。

二つ目の「平日にしか営業していない機関が利用できない」ということについては、これは結構大変でした。

住民票の移動などをしたいときに利用する市役所、免許の更新などでお世話になりたい警察署など、その他銀行や郵便局など、なかなか不便でした。

三つ目の「月曜日が鬱になる」は私個人的には全くなりませんでしたが、やはりみなさん日曜日になると「明日仕事行きたくないなぁ~」なんて言ってますね!

土日の休日の過ごし方がとても楽しいとそりゃ仕方ないですね!

人によってメリット・デメリットの感じ方は違う!

ここまできてこんなことを言うのもおかしいですが、結局人によってはこれらのメリットもデメリットも感じ方が違うということです。

人によって性格も違えば、何に価値を置くかということも違います。

個人的に言えば、私は平日休みの方が合っていました。

それはなぜかというと、私の次のような価値観からです。

  • 休日は一人で自分のスケジュール通りに過ごしたいし、買い物なども一人でしたい
  • せっかちなので待てない

 

基本的に私は休日は一人で過ごしたいので誰かと休みを合わせる必要もありませんでした。

またせっかちで待てない性格なので、並ぶという行為はもちろんのこと、様々な機関がやっていなくて用事を済ますことが出来ないなんてことはもってのほかでした。

私はこのような性格なので平日休みのメリットの方が非常に大きく感じました。

しかしこの記事を読んでくれているあなたに全く同じく当てはまるかと言えばそうではありません。

なので、これらのメリットのやデメリットを、自分自身の価値観と照らし合わせて自分に合ったものを選ぶのが良いかと思います。

あなたに合った働き方が見つかるためにこの記事が少しでも役に立てば良いかと思います!!

まとめ

それではこの記事の内容を簡単にまとめていきたいと思います。

平日休みのメリット

  1. どこにいっても空いているので質の高いサービスが受けられる
  2. 基本的に平日にしか業務を行っていない機関を利用できる
  3. 月曜日に対する鬱がなくなる

 

平日休みのデメリット

  1. ほとんどのイベントが土日なので参加できない
  2. 連休になることが少ない

 

土日祝日休みのメリット

  1. スポーツ観戦やライブなど大きなイベントに参加できる
  2. 必ず週末に連休があり3連休になることもある喜び
  3. みんなが休みの時に休める安心感
  4. 生活リズムが整う

 

土日祝日休みのデメリット

  1. どこに行っても混んでいる
  2. 基本的に平日にしか業務を行っていない機関を利用しにくい
  3. 週明けが鬱になる

 

そして一番大事なこととは・・・?

自分自身の生活スタイルや、性格、価値観、一緒に休日を過ごしたい相手との予定の取り方などをしっかり把握し自分の働き方を見つけること!

以上です!

文章の長い記事をここまで読んでくださりありがとうございました!