免疫力をあげる食生活とは?ストレス社会で頑張るあなたへ4つのアドバイス

こんにちは!

現代の生活の中でストレスを受けないという事はほぼ不可能ではないでしょうか・・・

私も都内で会社員として働いていた時は様々なストレスと戦っていました。

仕事自体はすごく楽しかったのですが、本当にストレスを多く感じていました。

ストレスがかかると人間は交感神経が刺激され緊張状態になります。

その状態が続くとどうしても体調が悪くなりやすく、病気にもなりやすい体質になってしまいます。

ですから一日に一度でも良いのでリラックスする時間を作ることをオススメします。

そうすると、副交感神経が優位になり免疫力がぐっと上がるのです!

その一つが食事を楽しむ、良い食事をとるということになります。

なので今回は免疫力をあげる食生活というテーマで書いていこうと思います。

アドバイス1  副交感神経が優位になる食品を選ぼう

vegetables-790022_640

一日30品目食べてください!

なんて聞いたことありませんか?

実際こんな品目数食べるなんて無理ですよね?

私も一人暮らしをしておりましたが、絶対に無理です。(´;ω;`)

お金もかかるし、調理の時間もかかるし、一人用のサイズではないので使いきれません。

もちろんそんな食生活が送ることができれば身体も健康になりますし、理想ですが・・・

なので今回は免疫力アップのために是非とってほしい食品をいくつか紹介します。

  • 丸ごと食べられる食品
  • 食物繊維が多い食品
  • 発酵食品
  • 身体を温める食品
  • 酸味、苦味、辛味などが強い食品

これらの食品をできるだけ食事の中に取り入れてほしいと思います。

アドバイス2  食欲がわかない時は無理に食べるのはやめよう!

%e3%81%8a%e8%85%b9%e7%a9%ba%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84

ちまたでは最近、「一日○食ダイエット」や、「○○制限ダイエット」

のような類のものがたくさんありますよね?

職業柄、自分の身体を使って実験することはありますが、人にオススメすることはありません。

ここで私が一番言いたいことは何かというと、

自分の身体の声をよく聞き、自分に合った食生活を送ってほしいという事です。

その日その日や季節によっても体調が違ってきます。

時には食欲がない場合もあるでしょう。

そんな時は無理して食べなくても良いのです。

空腹感が強いときは、できるだけ様々な食材がとれるような食事を心がけ、食欲がないときは食欲が出てくるまで待ちましょう。

私も一日2食が主ですが、日によっては1食の日もありますし、3食しっかり食べる時もあります。

ここで食欲がないのに無理に食べてしまうと、どうしても身体に負担がかかってしまいます。

身体の負担が大きいという場合はそれだけストレスが身体にかかってしまうという事です。

ご飯を食べてストレスを受けてしまうわけですから、こういう状態の時はできるだけ食事は休みましょう。

アドバイス3  免疫力を高めるお酒の飲み方は「ほろ酔い」まで

alcohol-931956_640

お酒は現代のストレス社会の息抜き方法としては欠かすことが出来ないですよね?

お酒は少量であれば身体に良いと聞きますしね!

お酒は百薬の長なんて言ったり!

私もホントにたまにですがお酒は飲みます!

実際にはお酒と免疫力の関係はどのようなものなのでしょうか?

まずお酒にはアルコールが含まれます。

アルコールが体内に入ってきたときには、それを早く排泄しようという反応が起こり血管が開いて血流が良くなります。

そしてしばらくの間は副交感神経が活発になり、なんだか開放的な状態になりますよね?

これがほろ酔いの状態です。

このほろ酔いの状態というのは副交感神経が優位ですから、リラックスして非常に良い状態なのです。

ですから仕事や日常でストレスが多い人ほどお酒を呑むのは、疲れをとってこの開放的な状態になりたいからなのです。

しかし、それが続くのもたったの1時間を過ぎたくらいまでです。

その後呑み続けたら逆に今度は交感神経が刺激され始めます。

なので時間は2時間を目安に、呑む量はあなたがほろ酔い気分になるくらいにとどめておくのが身体に良い飲み方です。

キーワードはほろ酔いです!

アドバイス4  タバコは少量なら・・・でもやっぱり

tobacco-1175623_640

お酒の話がでたので、食生活ではありませんがたばこの話も少しだけ!

世の中の流れとしてもタバコを吸う人達の肩身がどんどん狭くなってきていますよね。

なんだか吸っている人の許容スペースなども狭まってきて少しかわいそうにも思います。

では実際に免疫力とタバコとはどのようのな関係があるのかというと・・・

総合的にはやはりマイナスの部分の方が大きいです。

総合的に言うと・・・と言ったのは、実はタバコには良い面もあるのです。

タバコに含まれるニコチンには副交感神経を刺激してリラックスさせる効果もあるからです。

しかしタールやその他の物質は交感神経を刺激するのです。

なので一日数本であれば、リラックスする上でも良いのかなと思います。

習慣になっている人に関してはゼロにしてしまってストレスを感じるよりは、数本吸って落ち着いた方が良いのかもしれません。

なのでタバコもいかに上手に付き合うかが大事という事です。

もちろん吸わないに越したことはないので、個人的には健康になりたい人にはいつかはゼロにしてほしいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事はストレス社会で生きるあなた、ストレスを毎日抱えてるあなたにオススメの食生活に関する記事を書きました。

ポイントはストレスで交感神経が優位になっているところをいかに副交感神経を優位にできるか?というところです。

食品の選び方やお酒の飲み方など、工夫次第で免疫力を高めることが出来ます。

ぜひあなたの生活に取り入れてみてください!!