45日で90点UP!?管理栄養士国家試験に合格する為の考え方や心(マインド)の持ち方とは?

こんにちは!ゆとり世代代表を勝手に名乗る管理栄養士です!!

 

前回は45日で90点UPさせた管理栄養士国家試験の勉強法を伝授する前に伝えたい事とは?という記事を書きました。

まだ見ていない方はまずこちらの記事を見てみてください。

今回はどのような内容かというと、簡単に言うと「試験勉強にはまず心(マインド)が一番大事ですよ!」という事です。

これは、管理栄養士の国家試験に限った事ではありません。

全ての事に関して、何かを始めようとする時、何か目標を達成したいと思う時など、どんな事柄においても同じことが言えるのです。

日本には「心技体」という素晴らしい言葉がありますが、なぜ「心」が一番先に来ているか?

これは私なりの解釈ですが、何よりもやはり「心」が大切だからだと思います!

私も「全国模試で1位を取って、就職先の会社の社長に高級寿司をおごってもらうぞぉ~~~~~!!」という思いからのスタートでした!

このモチベーションやマインドがなかったら、この勉強法を編み出すこともなかったともいます。

それでは実際に、管理栄養士の国家試験において、どのようなマインドが必要なのか? どのように物事を考えなければならないのか? などを順番に追って見ていきましょう!

なんでも上手くいく人の考え方や共通項とは

合格

まず、合格する人とできない人を分けるとしたら、考え方や心の持ち方が違うという事お伝えしました!

では実際に、どのように違いがあるのかを2つほど例を挙げて簡単に説明したいと思います!!

勉強する=机に向かう・・・不合格への第一歩。

私はまずこれを声を大にして伝えたいです。

みなさん!勉強する時は机に向かってはいけません!いや、絶対に向かわないでください!!

「え・・・・・・・・・・・?そんなこと言っても・・・」そう思う気持ちはよくわかります。

なぜ勉強する時に机に向かってはいけないのか?

それは、必ず机に向かって勉強すると「書く」という動作をし始める人がほとんどですよね!?

すると、勉強=机に向かう=書いて覚える の方程式が成り立ちます。

この勉強に関しての間違った固定観念からまずは脱却すべきです!

書くという行為は、かなり時間のロスになります・・・

1回書くのと同じ時間で、5回読む方が楽ですし、頭に入ります。

机に向かうだけが勉強ではありませんよ!書いて覚えるだけが勉強ではありません!

今あなたが学校の教室でいすに座りながらスマホでこれを読んでいるのであれば立ち上がってください!

または自分の部屋のパソコンでこれを読んでいるのであれば鉛筆やペンは捨ててください!

「んじゃ、どうやって勉強すんだよぉ~・・・」

大変申し訳ございません。少々お待ちください!!それは後でしっかりとお伝えします!!

とりあえず机に向かってもできるだけ書かない!それが合格への近道です!!

勉強が嫌だから、つまらないから続かない・・・これ、違います。

勉強とは本来楽しいものです。

勉強は贅沢です。

世の中には、勉強したくてもできない人、学校に行きたくても、色々と理由があって行けない人もたくさんいます。

大学に行けて、専門学校に行けて、自ら学びたい!そう思って入って日々学ぶ栄養学。

本当にそれだけで贅沢なことなのです!だから楽しく勉強しましょう!!

「自ら楽しくて自主的に学ぶ勉強」それを経験している人はその勉強は本物です。

これから先ず~と、一生涯続けられます!

すみません話が少しそれてしまいました。話を戻しますね。

勉強が嫌いな人は、もしくは勉強が続かない人は

「勉強が嫌い→だからしない」と思っていませんか?

実はこれは大きな間違いです。

「できない→できないから勉強が嫌い→嫌いだからしない→しないからできない」

これが正解です。

勉強が嫌いな人・苦手な人は、そもそも勉強とは何かを知らず、間違った考え方や方法で勉強してしまいます。

するともちろん結果は出ない。結果は出ないから嫌いになる。という負のサイクルになるのです。

勉強というのはできてはじめて好きになるのです!!!

もう一度、ここは大事なので繰り返します!! 勉強というのはできてはじめて好きになるのです!!!

「最初は大変だけど結果が出るまで勉強する→結果が出たから楽しい→楽しいからもっと勉強する→勉強するからさらにできるようになる」という正のサイクルになるのです。

これが本当の勉強の正のサイクルです。

つまり自分の回答が正答するようになれば、勉強はおのずと楽しくなって毎日続けられるようになります。

まずは、出来るようになるまで努力する!!

スポーツでも音楽でも、上手くいったり、相手に勝ったり、音が出たり、曲が弾けるようになった時、すごく楽しくてそこで初めて、もっと練習しよう!と前向きになれるんです。

できる人・できない人ってどんな人?

paul-david-hewson-434928_640

出来る人の共通項を真似し、実践すれば簡単に合格できます。

学ぶの語源ってご存知ですか?

学ぶの語源は真似るです。

まずなんでもできている人の事を真似すれば良いのです!!

これであなたも今からできる人の仲間入りですね!!

では、できる人の生活習慣と性格を紹介します!

何事も決めたら超速(即)行動!

まずは何と言っても、即断即決!!

できる人はとにかく行動が超超超速い!!

それにより必ず短期間で結果は出ます!

ぐずぐずしている時間が本当にもったいない・・・

日1分迷っただけで1年で6時間の無駄、30分迷っていたら180時間無駄になるのです。

大事なのは❝今❞です! いつやるの・・・!?←もう古いですか?

試験勉強してもなかなか効果が出ない人のよくある4つの行動パターンと思考

  1. テキストなどをいくつもそろえるテキストは1冊念入りにやればOK!これは本当です。管理栄養士の国家試験においては「クエッスチョンバンク」と「管理栄養士国試過去問解説集5年分徹底解説」の2冊だけで合格できます!他の参考書も、教科書も何にもいりません!
  2. テキストを1ページ目から読む好きな分野、好きな章からやる!周りの人を見てみてください!そして、これが自分に当てはまっていたら、ドキッとしてください!笑 そして今日からやめてくださいね!!
  3. わからない個所はわかるまでやる考えても今の能力では解けない、時間の無駄!はい次の問題へ!これも気持ちは良くわかります・・・しかし、いつかその問題がわかる日がくるので、いったんお休みして次に行ってください。時間がもったいないです!
  4. まとまった時間をとって机に向かう勉強はいつでもどこでもできるもの!まとまった1時間机に向かっての勉強より、絶対に隙間時間を集めて2時間勉強した方が良いですよ!!そっちの方が遊べるし、負担になりませんしね!

やる気の出し方

hand-943962_640

「おい、お前やる気出せぇ~~~~~~~~!!!」

「やる気の出し方わかったらこっちも苦労なんてしねぇよ。そもそも勉強とか興味ないしね・・・掃除してる方がまし。」

これは私の高校生の時の口癖です。笑

その結果、私の成績は起きていなければ授業を受けられない「体育」「美術」「情報」を除きオール2でした。笑

人の気持ちを最終的にコントロールできるのは本人以外誰もいない

周りの人が、あなたに「あいつには頑張ってもらおう!」とどう頑張っても、最後に行動するのは自分自身。

結局は自分がやるかやらないか。

その試験に合格したいか合格したくないか。

管理栄養士の国試に合格した時の喜んでる瞬間や、管理栄養士としてかっこよく働いている自分をイメージしよう!

なんでもできると思えば成功する

「○○できたらいいなぁ~」=「私には一生できません」と言っているのと同じです。

私は合格します!合格できます!

と言い切りましょう!!

きっとこれを読んでくれている人の中には、先生や友達、親などから「あなたは合格できないんじゃない?」と言われている人もいるかと思います。

それを真に受けた瞬間、あなたの脳は不合格への言い訳を探し始めるのです。

これはあなたの意識レベルでは到底コントロールできない潜在意識というところが、マイナスの方向へ動き出すのです。

これを機にそいつら全員見返してやろうじゃないか!!!!

見てろよ!クソヤロォォォ~~~~~~~

どうせやらなきゃいけないなら、頑張らずいかに楽しくやるか

メンタルの工夫が勉強法に組み込まれていることを知っておきましょう。

実は真面目、頑張り屋さんほど途中であきらめてしまう人が多いのです。

これ本当です。まじめな人であればあるほど、この負のスパイラルに陥ってしまうのです。

長続きのコツは頑張らないこと!!

ほら、なんか私にもできるかもって思えてきたでしょ!?

なぜ、まじめで頑張り屋さんが負のスパイラルに陥ってしまうのか?

「これくらいはやらないといけない」「これくらいは知っていないといけない」ハードルを自らあげてしまい、そのハードルの高さに自分で意気消沈してしまうのです。

 心理的な変化をもたらす鍵は「でも」、「かも」の気持ちが起きたとき

こんな私でも、ひょっとしたらできるかも・・・?

そうです!!

まさに今のあなたの心境が合格への一歩なのです!!

私は断言できます!この記事をしっかり読んでくれて実践さえしてくれれば、あなたはあなたの周りの人が何と言おうと必ず合格できるでしょう。

管理栄養士の国家試験の前日にこの記事を読んでも、そりゃきついですが・・・笑

ある程度時間があって、しっかり正しい勉強の仕方でやれば大丈夫です!!

プラス思考

stock-exchange-911613_640

なんとなくできたらいいな!は、100年たってもできない!必ずできると思ってやれ!

できないよりはできたほうがいいと思っている人は多いが、こうすればできる!と思っている人は少数です。

私がこのブログによってできるだけ具体的に勉強方法を記しますので、必ず自分にはできるんだという気持ちでやってみてください。

口に出す言葉は常にプラスの言葉を使いましょう。

日本には「言霊」といって、言葉には魂がある。と言います。

言ったことがその通りになるのです。

使う言葉に気をつけよう

例えば「負けない」という表現は、負ける+でもそうしない という言語構造ですね。

これはマイナス状況をまず設定し、それに挑み続けるという悲愴な心理を作り出してしまいます。

最初から「できる」「何とかなる」などプラスの言葉を使いましょう。

不安の克服方法

sad-544730_640

試験勉強など必ず長期戦の戦いには不安がつきものです。

そんな時、不安は必ず訪れるものだという事を知っているのといないのではメンタル的にかなり違います。

そして、その不安は次の2回です。これはほとんどの人には訪れると思いますので知っておきましょう!

  1. 勉強を本格的に始めた直後
  2. 試験間近に迫った期間

勉強を始めた直後には「今の勉強方法でで本当に良いのだろうか」という不安。

最後の最後に襲われる「今までしてきた勉強は本当に正しかったのか・・・?」という不安。

気持ちはわからなくもないですが、本当に不安になるだけ無駄です。

「みんなそうなんだ、私だけ不安に襲われてるわけじゃないんだ」そう悟ったら、もう気にするのはやめましょう!

この不安になる時期が必ずあるという事を知っているだけでかなり楽になりますよ!!

まとめ

この心(マインド)の部分は一番大事だからこそ、おろそかにしてしまうとやはり何事も上手くいきません。

だからこそ、まずは自分の心の持ち方、考え方を変えてみましょう!!

これは今すぐに誰にでもできる合格への一歩です。

そして、この記事は1度読んだだけじゃ理解するだけで、行動が変わることは決してないと思います。

最低でも10回以上は読んで合格する人の心(マインド)を習得してほしいと思います。

次の記事は試験合格に絶対、絶対、ぜぇ~~~ったいに欠かせないともう一つ大事な要素であるの紹介です!