一日一食生活を365日続けてわかった8つのメリット

こんにちは!

私は平成生まれの管理栄養士です!

いきなりですが、みなさん一日に何食たべていますか??

大学私に入学してからは、ずっと何年も二食生活でした。

実はこの実験をする前に約10ヶ月デブエット計画をしていました!!

当たり前ですが、めっちゃくちゃ体調を崩しました!笑

その結果を知りたい人はこの記事を読んでみてください!!

 

そして今回は1年間かけて、この実験をしようと思ったのです!!

2015年5月7日に一日一食生活をスタートしまして、2016年5月6日で丸1年の実験期間が終わりました。

この一年間一日一食生活を継続して分かったことがたくさんあり、それを皆さんとも共有したいと思います。

始めようと思ったきっかけは、仕事の関係で「糖質制限」「断食」「ファスティング」などの本を読み漁っていました。

そうした中その本の内容に対して

「食べる量を減らして内臓・消化器官の負担を減らすと本当に体調が良くなるのかな?」

「本当に痩せるのかな?」

など様々な疑問が浮かびました。

私は自分の身をもって体験しないと気がすまない性格なので、早速一日一食生活をすることにしたのです。

そしてここに記すことは全て私が本当にこの生活を通して感じたことや体験ですが、全てに科学的根拠があるかどうかは分かりませんのでお許しください!笑

一日一食生活を実践する有名人とは・・・?

  • タモリさん
  • ビートたけしさん
  • 福山雅治さん
  • 水谷豊さん
  • 南雲先生

などの方が実践しているようですね!!

またビジネス界では、星野リゾートの星野社長、ジャパネットの高田社長なども実践しているようです!

海を越えて、アメリカでは、オバマさんやビルゲイツも少食で有名だとか!!

どんな人におすすめなの・・・?

  • 最近食べ過ぎて体重が増えてきたなぁ~と悩んでいる人
  • バリバリ仕事をして結果を出したい!と意気込む人
  • 節約生活してみたいなぁと思う人

私が1年続けてみて、上の理由であればめちゃくちゃオススメです!!

一日一食生活のルールとは

これは私がこの生活を始める際に勝手に決めたルールです。笑

  1. 一日一食しか食事をしない
  2. 小腹が空いたときに飲むお茶や清涼飲料水などは一食には含まれない。
  3. 一食はどんなものをどれだけ食べても良い 

※特別ルール・・・冠婚葬祭、同窓会など、日常的にはないイベント事の食事がある日はやむを得ず一日二食が許される。(しかし予定は事前に把握し一日一食になるよう努めました)

以上のルールのもと2015年5月7日に一日一食生活がスタートしました!

一日一食生活で得られた8つのメリット

1、痩せる

e054083481ef6096f2a4f003e9563465_s

体重の推移ですが、まずこの生活をスタートした1年前の体重は64kgでした。

そしてこの生活を始めて2ヶ月くらいたった7月末の体重は56kgと2ヶ月ですでに約8kgも落とすことに成功しました。

体重

普通に考えてもやせるに決まっていますよね!?

食べる量よりも、絶対的に使うエネルギーのほうが多いですもんね!!

デメリットの部分でも書きますが、最初の2ヶ月は空腹感に襲われる毎日でした・・・

しかし、2ヶ月を過ぎたあたりから不思議と空腹感が少なくなり身体が慣れてきたように思います。

そして一日一食生活を始めて2ヶ月目あたりからは、早くも今とほとんど変わらない56kgのベスト体重に戻りました!

そこからは少しずつ減っていき、54㎏でキープされている感じです!

やはりベスト体重での生活はかなり楽で、階段を走って上がっても息が切れたりしませんし、生活する上で体がすごく軽く感じるようになりました!!

2、 睡眠時間が短くても平気になる

widow-1148929_640

これは本当にびっくりしたのですが、この生活を始めてから睡眠時間を長くとらなくても次の日にスッキリ目覚めることが出来るようになったのです。

今の私の生活では毎日だいたい4,5時間~6時間睡眠です。

以前はしっかり8時間以上は寝ていました。

いきなりですがこの記事を読んでくださっているあなたは、一日何食食べていますか!?

ほとんどの人が三食と答えるのではないでしょうか。

人の身体は実は食事を消化するにも大量にエネルギーを消費します。

摂った食事の約4~3分の1ものエネルギーが消化をするために消えていくのです。

ですから、一日の食事で一食ごとに消化器官を休める時間として、およそ3時間の睡眠が必要とされているともいわれています。

3回しっかり食べる人は9時間の睡眠が必要で、2回の人は6時間、1回の人は3時間です。

確かに3回べている人の消化器官は24時間365日働きっぱなしですので、内臓が疲れてしまいますよね?

3回食事をする生活をやめましょうとは言いませんので、1週間に一日くらいは一食抜くなどして、たまにでいいのですので内臓を休ませてあげましょう!

3、 自由な時間が増える

2bcfec0dc9eb29e7b348d5817a9a1f2e_s

この自由な時間が増えるということが、一番のメリットであると私は断言できます。

買い物や調理、食事時間、片付けなどざっと概算して1回の食事時間を1時間としましょう。

そうすると、三食生活の人が2食にして、たった一食減らすだけで1時間だけですが自由時間を増やすことが出来ます。

なんと1年で365時間です!!

さらに一食減らすと1日で2時間ですので1年で730時間です!!

さらにさらに!

一食減らすことで9時間寝ていた人は6時間と3時間は睡眠時間を減らすことが出来るので、食事時間1時間+睡眠時間3時間=1日トータル4時間も自由時間が増えて、1年で1,460時間もの貴重な時間を得ることが出来るのです!!

私も1日の生活の中で、この一日一食生活スタートの前後では4時間もの自由時間を得ることが出来ました!

その時間を有効活用して、このようにブログを書いたり、ランニングしたりして有意義な時間を過ごせています。

タイムイズマネーです!

特にバリバリ仕事をして稼ぎたい!

と思う若い男性のビジネスパーソンにおすすめです!20代、30代という体を酷使できる貴重な時間を無駄にしないようにしましょう!

4、 自由に使えるお金が増える

c46cc4742aba5d5c573314cbb20f3ddc_s

これもかなりのメリットです!!

時間もすごく大切ですが、お金もとても大切です!!

一食をだいたい500円と計算しても1食抜くだけで、

1日500円×365日=182,500円もの自由に使えるお小遣いを得ることが出来ます。

一食に1,000円くらいかけている方は、倍の365,000円!!

ちょっとした小旅行に行けますよね!

男性なら彼女とロマンチックなデートやサプライズプレゼントを!

女性なら彼氏に素敵なプレゼントを・・・なんてあげなくて良いので、ネイルに化粧品にファッションにと自己投資を!!笑

痩せて健康になってお金も増えるなんて、なんてすばらしいのでしょう!

私も昼食を会社で食べるのですが、約22日出勤すると500円の定食を食べているので

22日×500円=11,000円

休日は1,500円を使って外食のランチや夜ご飯を食べるので

8日×1,500円=12,000円

よって 11,000円+12,000円=23,000円 と、料理をしない人の食費としてはすごい安上がりとなっています!!

その浮いたお金で、本を買って勉強したり、誰かにプチプレゼントをしたりしています!!

5、 集中力が続く時間が長くなる

arrow-224433_640

仕事のパフォーマンスを上げようと思ったら、集中できる時間を長くすることが大事だと思います!

そもそも人間をはじめ動物たちは、長い歴史の中で常に飢餓との戦いの中で進化してきました。

ですので人間は空腹には耐えられる機能を数多く持っていますが、満腹に対する機能をあまり持ち合わせていないのです。

食事をすれば消化器官に血液が集りますから、脳に血流はいきません。

すると眠くなりますよね?

これはいたって普通のことです。

「でも血糖値が低いと集中できないのでは?だからご飯をしっかり食べないと仕事に影響が・・・」と思っている人も多いと思います。

しかし、人間には空腹時には血糖値を上げてくれるホルモンが複数存在しますし、それによって糖新生といって新たに糖を作るシステムも存在します。

仮にそれがなくなっても今度は脂肪を使ってケトン体というものを作り出し、脳のエネルギーにすることだって可能です。

人間をはじめ、動物は空腹時に記憶力が高まります。

それはえさをどうとったかを記憶することが生きていくうち中で最も重要だからです。

えさを探す時は空腹状態ですよね?

なので動物は空腹状態で一番脳が活性するようになっているのです。

満腹状態よりも、空腹状態で仕事をしたほうがはるかに仕事のパフォーマンスは上がります!!

是非一度試してみてください。

6、 味覚が驚くほど敏感になる

2b2f1705c288416d3c8c9f8d15df7543_s

これも睡眠時間が短くてよくなったのと同様に、本当に驚きました!!

今までは、コンビニのお弁当を食べても、安い居酒屋のご飯を食べても、なんとも思いませんでした。

しかしこの生活を始めて1週間、いつもおいしく食べていたお弁当やご飯の味や香りに強く違和感を抱くように・・・

「ん・・・?なんだろう、この変な甘みは・・・」

「味はおいしいけど、最後に残る風味がイヤだな・・・」

などといった具合です。

今では食べるものを選ぶときには、これはどんな味がするんだろうと半ば楽しみになるようになりました。笑

もちろん食品の選定は以前よりもじっくりするようになりました。

一日一食しか食べられませんから、身体に入れるものは厳選するようになったのです。

7、免疫力がUPし、風邪をひかなくなる

626c529542e02e4f061161339d00bc48_s

空腹状態をしっかり作ることで、免疫力がUPします!

実際に私も一日二食生活をしていた大学生活からデブエットを始めるまでは一度も風邪をひくことはありませんでした。

しかし、デブエットを始めてからは一年に2回も40度を超える高熱を出してしまいました・・・

なぜ少食にすると風邪をひかなくなるのでしょうか?

私たちの免疫機能は、リンパ球や白血球、マクロファージなどが行っているのですが、これらの活性が高まるからです!

特にマクロファージの活性が高くなると言われています!

実はマクロファージはウイルスをやっつけたり、いろいろな細菌をやっつけたりするだけでなく、栄養の処理もやっているのです。

働きものですねぇ~!!

マクロファージは、その摂った栄養素(コレステロールなど)を処理して血管を掃除してくれたりします。

しかし、マクロファージ自身が処理できる能力を超えるほど食べてしまうと、ついには動脈硬化にもなってしまいます。

つまり食べ過ぎてしまうと、このマクロファージはただの栄養処理班になってしまうのです・・・

するとどうなるか・・・?

栄養処理の業務に追われてしまい、本職である免疫機能の働きができなくなるのです!!

やはり腹8分目は大事ですね!!

8、 食べること、食事をすることに対する感謝の気持ちが強くなる

29c0bec7b6ba02dbf07dc5813d45f757_s

一日一食生活をしていると家族や友達、会社の人に公言すると、

「あんたはいつかお坊さんにでもなりたいの?笑」

と言われることが一番多かったと思います。

でもなんとなくなれそうな気もします。笑

こんなこと言うと、本当に修行している人に怒られそうなのでこれ以上は言いませんが・・・

でも1日一度しかできない食事ですから、“食べる”ということに対して本気になるようになりました。

特に食べ物に関する感謝の気持ちが強くなりました。

食堂では、ひとり「いただきます」の挨拶の拝みが長いので完全に浮いています。笑

食事を“いただく”ということは、その食品の命を“いただく”と同時に、その食品を生産する人、届ける人、調理する人など、食を取り巻く環境で働いている人の 時間=命 も“いただく”ということだと私は思います。

そういった感謝の気持ちを以前より強く持つようになりました。

1日一食生活のデメリットとは

financial-crisis-544944_640

もちろん何事にもデメリットというものが存在します。

もちろんこの一日一食生活でもデメリットがいくつかありましたので紹介します。

1、1日一食生活を始めて2ヶ月は強い空腹感に襲われる。

最初は体が慣れないために、空腹感に襲われます。

私は絶対に一食しか食べないと決めていたので、気合でその空腹感を乗り越えましたがあまりオススメできません。笑

ですので、そういう人はまずは何日に一回は二食にしてみたり、少しだけ間食をとるなどして3ヶ月を目安に徐々に体を慣らせていきましょう。

2、急激に痩せすぎるせいで周りに変な心配をされる。

「あなた最近すごく痩せたけど、仕事にでもストレス感じているの?」「ちゃんと食べてるの!?」など病的に痩せているのではないか?という心配をされることが多いです。

女性であればほめ言葉かもしれませんが、男性だとこのような心配をされると思います。私も職場ですごく心配されました。笑

そういう時は「実は最近・・・ご飯全然食べられてないんですよ!(一日一食生活してるから・・・)」なんて言って、ご飯をおごってもらいその人にもりもり食べる元気な姿を見せてあげましょう!笑

3、LDLコレステロール値が上がる

まだ1年しかこの生活をしていないので、健康診断の結果のみで判断するのは危険ですが、100くらいだったLDLコレステロール値が120くらいまで上がっていました。

この値は正常範囲のぎりぎりです。

なんでこのようになるか、専門家の私でもわかりません。

私の予想ですが、空腹の時間が一日の中で多くの割合を占めているということは、それだけ交感神経が優位になっている時間が長くなり、それにより飢餓と戦う様々なホルモンが作られます。

それらのホルモンの原料となっているコレステロールを体が多く生産しているからではないかと考えています。

この原因がわかるお医者さんなどがいれば教えてください!!

また、いろいろ文献で調べましたが、LDLコレステロールは140くらいが一番健康であるという論文もあるくらいです。

そもそもLDLコレステロールは悪玉なんて言われていますが、身体に絶対に必要なものです。

本当に悪であったら体内にこんなに多く存在する必要はありません。

このLDLコレステロールが悪いのではなく、これが酸化してしまった結果生じる酸化LDLコレステロールがいけないだけです。

ですから酸化しないような生活や、食事などをすれば全く問題ないと私は思っています。

最後に

私が365日間で体験したことは、個人的な見解です。

今現在では、今まで通り一日二食の生活に戻しています。

やはり食事が楽しみな私にとっては一日一食では物足りません・・・笑

もちろんこれも個人的な価値観ですが、この一日一食生活というのはオススメできる人とそうでない人がいます。

ですので、こんな記事を書いてみましたので是非参考にしてみてください!

一日一食生活のメリット・デメリットをオススメしたい人できない人に分けて考えてみた!

私はこんな本を読んで勉強・実践した!

私がこんな今回一日一食生活を実験的に始めるにあたって「やってみたいな!」と、きっかけをくれた本を紹介したいと思います!

もちろんここに紹介した本以外にも多くの本を読みましたが、主にオススメだなと思う本を紹介します!

まとめ

私にとってはこの一日一食生活というものは、本当にメリットだらけでした!!

体調もよくなりましたし、時間もお金にも余裕が持てるようになったからです!!

健康法は星の数ほどありますが、結局「これだけすれば健康になる、これだけ食べれば健康になる」というものは存在しません。

いかに自分に合った健康法を見つけるかなのです。

この一日一食生活が合う人もいれば、合わない人もいるのが事実です。

ですので選択肢の一つとしてみていただければ幸いです。

そして、一日一食まではいかなくても、一食抜くなどして一日二食生活としてでも挑戦する価値はありますので、是非挑戦して「良かった!」という声が聞ければさらに幸いです!