アスリートや栄養学初心者の方にオススメです!

教科書より優しい栄養学入門【栄養学初心者必見です!】

あじ
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは!元高校球児の管理栄養士あじです。 スポーツ選手の食事や栄養学について『わかりやすく!』をモットーに情報発信しています!

こんにちは!

私は平成生まれの管理栄養士です!

『食事のことや栄養学を学びたいけれど、学校に行く時間もお金もない!』

『ネットの記事で勉強したいけれど、専門用語が多すぎてわかりにくい!』

そんな方のために書き始めたこの【栄養学入門シリーズ】

この記事では、私が書いた栄養学入門関連の全ての記事にリンクで飛べるようにまとめてみました!

栄養学とは何か?に始まり、各栄養素の解説やダイエットの基礎知識に至るまで【栄養学の基本事項】について、様々な記事があります。

また、栄養学初心者の方でも理解できるように、できるだけ図や表などを使うことでこれまでにない記事を書いてきたつもりです。(あくまでつもりですが・・・)

『今日から私も栄養学を学びたい!』

『栄養学を学んでいるけれど、いまいち理解できていない・・・』

この記事が、そのように思って勉強されている方のお役に少しでも立てれば嬉しいです!

STEP1 栄養学の基本【栄養】と【栄養素】の違いを知ろう!

まず、一番最初に栄養学を学び進めていくときに大切になるのは、【栄養】ってそもそもどんなことを指すのか?

ということです。

「この食べ物は栄養があるからたくさん食べると良いよ!」なんて言葉を良く耳にしますが、これはどういった意味なのでしょうか?

本当ならば「この食べ物は栄養素が豊富だからたくさん食べると良いよ!」というのが正解です!

その【栄養】と【栄養素】の言葉の意味の違いとは何なのでしょうか?

そこで一番最初にご覧になっていただきたい記事はこちらです!

この記事には以下のようなことについて解説されています!

  1. 栄養素のもつ3つの役割
  2. 食品がもつ3つの機能
  3. 三大栄養素や五大栄養素について

上記の②の『食品がもつ3つの機能』の中に、【味】などに関する食品の二次機能というものが存在します。

人間の味覚と食品の成分の関係性などに関して詳しく解説した記事がこちらになります!

 

【栄養】【栄養素】の違いがなんとなく理解できたら、次は【人】と【食】の関係についてまとめた記事がありますのでこちらをご覧ください!

 

また、食品はどのように分類されるのか?栄養学を学ぶ上ではとても大切な知識となります。

なんとなくで構いませんので、食品を分類・種類分けができるようになると、より簡単に健康になるための食の選択が可能になるのです!

なぜならば、分類された各食品を偏りなく食べることで、摂取する栄養素のバランスが自然と整うからです!

STEP2 三大栄養素【炭水化物】【脂質】【たんぱく質】の基礎知識

三大栄養素と言えばもうご存知の方も多いと思いますが、

  1. 炭水化物(糖質)
  2. 脂質
  3. たんぱく質

以上の3つですね!

栄養学の概要が分かったところで、一番最初に学んでほしいのは三大栄養素の存在についてです。

この三大栄養素は全て身体の中でエネルギー源になる栄養素です。

そして、それぞれの栄養素にはどのような分類・種類があり、それぞれどのような役割があるのかなどをまとめてみました!

  1. 【教科書よりも優しい】炭水化物(糖質)の分類・種類と役割・働きを解説
  2. 【教科書よりも優しい】脂質の分類・種類と働き・役割を解説
  3. 【教科書よりも優しい】たんぱく質やアミノ酸の分類・種類と役割・働きを解説

これらの記事の内容をしっかりと理解することで、次に紹介する消化・吸収や代謝についても簡単に理解できるようになります!

できるだけ繰り返し読んでいただき、基礎の基礎をしっかりと理解してほしいと思います!

 

脂質の基礎知識について、さらに深い知識を得られる追加記事がこちらになります。

 

たんぱく質の基礎知識について、さらに深い知識を得られる追加記事がこちらになります。

STEP3 三大栄養素の消化・吸収の仕組みを理解しよう!

三大栄養素である炭水化物(糖質)や脂質、たんぱく質は全てエネルギー源としての働きがあります。

それ以外にも三大栄養素は体内で様々な役割があるのです。

食べた食物中の栄養素や成分は、そのまま体内で働くわけではありません。

一度全てバラバラに分解されてから体内に入り、全身に運ばれて各栄養素が働く持ち場で役割を果たしていくのです。

この食物中の栄養素がバラバラにされていく過程を消化と呼び、体内に入り込んでいく過程を吸収と呼びます。

そんな消化・吸収の仕組みについて、三大栄養素の各種栄養素ごとにできる限り丁寧に解説してみました!

  1. 【必見!】炭水化物や糖質の消化吸収の仕組みを簡単にまとめてみた!
  2. 【必見!】脂質の消化吸収の仕組みを簡単にまとめてみた!
  3. 【必見!】たんぱく質やアミノ酸の消化吸収の仕組みを簡単にまとめてみた!

このように三大栄養素は、体内の様々な器官やシステムによって体内で使える形に変化され全身に運ばれていくのです。

STEP4 三大栄養素の代謝について理解しよう!

消化・吸収された各種三大栄養素が、それぞれ様々な細胞や組織、器官などに運ばれると代謝が始まります。

代謝には、栄養素を分解する反応である【異化】と、合成する【同化】があります。

絶えず異化・同化を繰り返し行うことで、日々細胞や組織、器官を新しく作り替えているのです。

また、三大栄養素はエネルギー源としての役割があります。

糖質、脂質、たんぱく質がそれぞれ分解されてエネルギーに変わることで私たち人間は活動することができます。(糖質や脂質が体内に充足している場合はたんぱく質はエネルギー源として節約される。)

それぞれのエネルギー代謝を理解する上で重要な【ATP】という物質について、まずはこの記事を読んで少しだけ理解してください!

そして、三大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質は、全てエネルギーに変換される際に【TCAサイクル】という共通の代謝経路を通ります。

三大栄養素は、最終的にこのTCAサイクルを経ることでエネルギーを生み出すことができるのです!

この記事は今は読まなくても大丈夫ですが、これから紹介する糖質代謝や脂質代謝の記事内でTCAサイクルというワードが出てきた時に読んでみてください!

それでは、三大栄養素の代謝をそれぞれみていきましょう!

糖質の代謝

脂質の代謝

たんぱく質の代謝

STEP5 五大栄養素【ビタミン】【ミネラル】の基礎知識

炭水化物(糖質)・脂質・たんぱく質の三大栄養素にビタミン・ミネラルが含まれると五大栄養素になります。

実は三大栄養素も、このビタミンやミネラルの助けが絶対に必要となります。

体内での含有量は、ビタミンやミネラルはmg単位と非常に少ないのですが、人間にとってはなくてはならない存在なのです。

そして栄養学入門として、各種ビタミンやミネラルについての概要を全栄養素ごとにまとめてみました!

各種栄養素のまとめ記事の内容は以下の通りです。

  • 簡単なプロフィール
  • 生理作用
  • 欠乏症(日常的な摂取量が不足した場合に起こる症状や病気)
  • 過剰症(日常的な摂取量が過剰になった場合に起こる症状や病気)
  • 食事摂取基準
  • 多く含む食品一覧
  • 効率的な摂取方法
  • その他コラム

が記載されています。

それでは一つ一つ見ていきましょう!

五大栄養素その① 【ビタミン類】(13種類)

この記事は、各種ビタミンの発見の歴史や生理作用などについての概要がまとめてあります。

以下の各種ビタミンについて知りたい栄養素をクリックすると、その栄養素の記事に飛ぶようになっています!

  1. ビタミンA
  2. ビタミンD
  3. ビタミンE
  4. ビタミンK
  5. ビタミンB1
  6. ビタミンB2
  7. ナイアシン
  8. ビタミンB6
  9. ビタミンB12
  10. 葉酸
  11. パントテン酸
  12. ビオチン
  13. ビタミンC

五大栄養素その② 【ミネラル類】(16種類)

この記事は、ミネラルについての概要や基礎知識が得られるまとめ記事になっています!

以下の各種ミネラルについて知りたい栄養素をクリックすると、その栄養素の記事に飛ぶようになっています!

  1. ナトリウム
  2. カリウム
  3. カルシウム
  4. マグネシウム
  5. リン
  6. 亜鉛
  7. マンガン
  8. ヨウ素
  9. セレン
  10. クロム
  11. モリブデン

STEP6 その他の栄養素について

第6の栄養素!? 【食物繊維】

第6の栄養素として注目されている食物繊維。

食物繊維の定義や分類・種類、生理作用や働き、食事摂取基準などをできるだけ簡単に解説してあります!

生命の基本 【水(体液)】

水は栄養素ではありませんが、人間が栄養という営みを行う上では水は必要不可欠です。

是非ご覧になってください!

人間の体内において、水は体液として働きます。

そんな体液に関して、さらに知識を深めることができる記事はこちらです!

  1. 体内の電解質分布と酸塩基平衡の調節システムについて
  2. 【水分補給の基礎知識!】脱水症と水分不足による影響について解説してみた!

STEP7 あなたに合った食事摂取基準とは?

先ほど紹介した各種ビタミンやミネラルの各ページを見ると、それぞれの栄養素の食事摂取基準が記載されていたと思います。

食事摂取基準とは、各種栄養素をどのくらい摂取すればより健康的に過ごすことができるのか?という量的な指標です。

この記事では、普段【栄養素別】に記載されていて自分に合った食事摂取基準を全て見つけるのに大変だったものを、あなたの年代に必要な各種栄養素の食事摂取基準が簡単に見つかるように私が独自で表を作り変えたものです!

本当に便利ですので是非ご覧ください!

STEP8 ダイエット関連

ここでは、ダイエットや健康的な身体作りのために必要な知識についての記事を紹介していきます!

まず、ダイエットや筋力トレーニングなど、運動をしている人が気になるのが、自分自身にとって適切な摂取エネルギー(カロリー)量や、消費エネルギー(カロリー)量についてだと思います!

一日に必要な摂取エネルギー量に関してはこちらの記事をご覧ください!

 

運動をすることで消費されるエネルギー(カロリー)量に関する記事はこちらをご覧ください!

 

また、運動をしている人が気になる筋肉量やBMIなどの体格指数についてもこちらの記事で解説しています!

終わりに

ここまでの内容がおおよそ頭に入れば、もうあなたは立派な栄養学に詳しい人です!

さらに、新たに記事を作成したら随時この記事を更新し、常にこの【栄養学入門】をグレードアップしていきます!

栄養学の基礎知識として『こんなことをもっとわかりやすく解説してほしい!』なんてことがあれば、コメント欄に書いていただければ、できる範囲でリクエスト記事も書いていきたいと思います!




この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは!元高校球児の管理栄養士あじです。 スポーツ選手の食事や栄養学について『わかりやすく!』をモットーに情報発信しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スポーツ栄養士あじ , 2017 All Rights Reserved.