【2018春の甲子園】全出場校の平均身長・体重・BMIなどランキング形式で紹介!

こんにちは!

野球が大好きな管理栄養士です!

前回の記事では、第90回選抜高校野球大会に出場した全高校の登録選手の体格を紹介しました!

気になる方はこちらをどうぞ!

【2018年春の甲子園】全登録選手の身長や体重など体格を調査してみた!

ということで今回の記事では、各出場チームごとに身長や体重、BMIなどの数値を平均し紹介します!

また、それらを各データ別に順位付けしていきたいと思います!

どの高校が全体的に体格が良いのか見ていきましょう!

この記事のデータを見る際の注意点

まずはこの記事を作成するにあたり使用した参考資料の紹介です!

続いて注意点です!

  • この冊子内のデータに大会直前の登録選手の変更を加味している。
  • この記事内の【BMI】という数値は、体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)で計算。
  • この記事内の【身長‐体重】という数値は、身長(cm)- 体重(kg)で計算。
  • 【BMI】や【身長-体重】の数値を算出した際に用いた【身長】や【体重】の数値は選手の自己申告制であると思われるので100%正確ではない。

ということで、2018年春のセンバツに出場した全高校の登録選手たちの体格の平均値を見ていきましょう!

2018年センバツ出場校別の体格に関する数値の平均値一覧

それでは、以下の順番で各校の【平均身長】・【平均体重】・【平均BMI】・【平均身長-体重】の数値について紹介していきます。

  • 北海道地区・東北地区代表
  • 関東地区・東京地区代表
  • 東海地区・北信越地区代表
  • 近畿地区代表
  • 中国地区・四国地区代表
  • 九州地区代表

また、各地区の北から順番に紹介していきます!

※スマホでこの記事を読んでいる人は、スマホを横にすると表が見やすいですよ!

学校名 身長 体重 BMI 身長-体重
駒大苫小牧 172.5 74.8 25.2 97.7
花巻東 174.5 73.1 24.0 101.4
由利工 171.8 71.4 24.2 100.3
日大山形 173.1 70.1 23.3 103.0
聖光学院 174.6 73.6 24.1 101.1
明秀日立 174.8 74.1 24.2 100.7
国学院栃木 175.6 74.7 24.2 100.9
中央学院 172.9 70.1 23.4 102.9
日大三 174.4 75.2 24.7 99.2
慶応 174.1 70.8 23.4 103.2
東海大相模 173.9 71.0 23.4 102.9
静岡 173.7 73.1 24.2 100.6
東邦 175.8 74.2 23.9 101.7
三重 173.9 72.7 24.0 101.3
富山商 171.8 72.2 24.4 99.7
日本航空石川 175.9 77.3 25.0 98.6
星稜 174.8 76.0 24.9 98.8
近江 175.3 71.1 23.1 104.2
彦根東 172.1 66.8 22.6 105.3
膳所 172.4 69.1 23.2 103.3
乙訓 171.1 66.2 22.6 104.8
大阪桐蔭 178.4 77.9 24.5 100.5
智弁学園 173.9 74.9 24.8 99.0
智弁和歌山 175.7 75.9 24.5 99.8
おかやま山陽 172.1 70.6 23.8 101.6
瀬戸内 174.2 70.7 23.3 103.5
下関国際 171.5 73.0 24.8 98.5
英明 171.3 72.0 24.5 99.3
松山聖稜 172.9 66.8 22.3 106.2
高知 171.0 70.3 24.0 100.7
明徳義塾 173.9 71.7 23.7 102.2
東筑 174.7 72.7 23.8 101.9
伊万里 171.8 70.5 23.9 101.3
創成館 173.8 72.2 23.9 101.6
延岡学園 172.5 73.3 24.6 99.2
富島 170.3 68.4 23.6 101.9

次に、【平均身長】・【平均体重】・【平均BMI】・【平均身長-体重】の各数値が大きい順番に並び替えていきたいと思います!

春のセンバツ2018・平均身長ランキング

順位 学校名 身長
1 大阪桐蔭 178.4
2 日本航空石川 175.9
3 東邦 175.8
4 智弁和歌山 175.7
5 国学院栃木 175.6
6 近江 175.3
7 星稜 174.8
明秀日立 174.8
9 東筑 174.7
10 聖光学院 174.6
11 花巻東 174.5
12 日大三 174.4
13 瀬戸内 174.2
14 慶応 174.1
15 東海大相模 173.9
三重 173.9
智弁学園 173.9
明徳義塾 173.9
19 創成館 173.8
20 静岡 173.7
21 日大山形 173.1
22 中央学院 172.9
松山聖稜 172.9
24 駒大苫小牧 172.5
延岡学園 172.5
26 膳所 172.4
27 おかやま山陽 172.1
彦根東 172.1
29 伊万里 171.8
富山商 171.8
由利工 171.8
32 下関国際 171.5
33 英明 171.3
34 乙訓 171.1
35 高知 171.0
36 富島 170.3

2018春の王者である大阪桐蔭が平均身長1位になりました。

2位の日本航空石川や、3位の東邦、4位の智弁和歌山などが175cm代なのに対して、大阪桐蔭は178.4cmと2位以下と大きな差がありました。

春のセンバツ2018・平均体重ランキング

順位 学校名 体重
1 大阪桐蔭 77.9
2 日本航空石川 77.3
3 星稜 76.0
4 智弁和歌山 75.9
5 日大三 75.2
6 智弁学園 74.9
7 駒大苫小牧 74.8
8 国学院栃木 74.7
9 東邦 74.2
10 明秀日立 74.1
11 聖光学院 73.6
12 延岡学園 73.3
13 花巻東 73.1
静岡 73.1
15 下関国際 73.0
16 東筑 72.7
三重 72.7
18 創成館 72.2
富山商 72.2
20 英明 72.0
21 明徳義塾 71.7
22 由利工 71.4
23 近江 71.1
24 東海大相模 71.0
25 慶応 70.8
26 瀬戸内 70.7
27 おかやま山陽 70.6
28 伊万里 70.5
29 高知 70.3
30 日大山形 70.1
中央学院 70.1
膳所 69.1
33 富島 68.4
34 彦根東 66.8
松山聖稜 66.8
36 乙訓 66.2

体重でも身長に続いて大阪桐蔭が1位となっています。

2位も身長と同じく日本航空石川となっています。

大阪桐蔭、日本航空石川共にチームの平均体重が77㎏代というのはものすごい数値ですね!

体重では最下位の乙訓高校ですが、全員の体重が66.2㎏を超えているということはすごいと思います!

春のセンバツ2018・平均BMIランキング

順位 学校名 BMI
1 駒大苫小牧 25.2
2 日本航空石川 25.0
3 星稜 24.9
4 智弁学園 24.8
下関国際 24.8
6 日大三 24.7
7 延岡学園 24.6
8 智弁和歌山 24.5
英明 24.5
大阪桐蔭 24.5
11 富山商 24.4
12 国学院栃木 24.2
静岡 24.2
由利工 24.2
明秀日立 24.2
16 聖光学院 24.1
17 高知 24.0
三重 24.0
花巻東 24.0
20 東邦 23.9
創成館 23.9
伊万里 23.9
23 東筑 23.8
おかやま山陽 23.8
25 明徳義塾 23.7
26 富島 23.6
27 東海大相模 23.4
中央学院 23.4
慶応 23.4
30 日大山形 23.3
瀬戸内 23.3
32 膳所 23.2
33 近江 23.1
34 乙訓 22.6
彦根東 22.6
36 松山聖稜 22.3

BMIは身長に対してどのくらい体重があるかという指標ですが、こちらは駒大苫小牧が1位という結果になりました。

駒大苫小牧の選手達の平均身長は24位で172.5cmでしたが、体重が7位で74.8㎏と多いことからこのような結果に繋がった思われます。

身長はそこまで高くないですが、全体的にガッチリした選手が多いということがわかります。

また、体重で2位が日本航空石川、3位が星稜となりましたが、BMIでも同様の結果となりました!

石川県勢は非常にガタイの良い選手が多いということがわかります。

何か秘密があるのか・・・非常に気になります!

春のセンバツ2018・平均身長-体重ランキング

順位 学校名 身長-体重
1 駒大苫小牧 97.7
2 下関国際 98.5
3 日本航空石川 98.6
4 星稜 98.8
5 智弁学園 99.0
6 延岡学園 99.2
日大三 99.2
8 英明 99.3
9 富山商 99.7
10 智弁和歌山 99.8
11 由利工 100.3
12 大阪桐蔭 100.5
13 静岡 100.6
14 高知 100.7
明秀日立 100.7
16 国学院栃木 100.9
17 聖光学院 101.1
18 三重 101.3
伊万里 101.3
20 花巻東 101.4
21 おかやま山陽 101.6
創成館 101.6
23 東邦 101.7
24 富島 101.9
東筑 101.9
26 明徳義塾 102.2
27 中央学院 102.9
東海大相模 102.9
29 日大山形 103.0
30 慶応 103.2
31 膳所 103.3
32 瀬戸内 103.5
33 近江 104.2
34 乙訓 104.8
35 彦根東 105.3
36 松山聖稜 106.2

この数値はプロ野球選手では90に近いほど良いとされていますが、1位はBMIに続き駒大苫小牧となっています。

プロ野球選手はこの数値が90付近になることが多いですが、まだ高校生で身体が出来上がっていないのでとりあえず100に近ければ合格点だと思います。

なので100を切っている上位10チームは非常に身体つきが良いということになります!

まとめ

いかがでしたか?

体格を表す様々な数値に関して、ランキングにして紹介してきました!

やはり大阪桐蔭の選手の身体の大きさが目立つ結果となりました。

その他、日本航空石川、星稜、智弁和歌山などがチーム全体として体格が良いという結果になりました。

あなたが高校生であれば、自分の目指す体格の目安にしてみてください。

小・中学生であれば今から大きく成長するために正しい生活習慣と、食習慣を身につけてほしいと思います!

それでは、次回は各校のレギュラーメンバーに絞って体格を見ていきたいと思います!

是非楽しみにしていてくださいね!