【ピッチャー必見!】プロ野球界日本人歴代球速ランキングトップ12に入る投手の体格(身長・体重・BMI)を調査してみた!

こんにちは!

私は平成生まれの管理栄養士です!

今回の記事は、ピッチャーをしている子供たちのための記事です。

投手の魅力の一つと言ったらやはり剛速球!

大谷翔平投手をはじめ様々な投手が150㎞/hを超えるストレートを投げます。

やはり速い真っ直ぐを投げるためには大きな体格が必要なのだろうか?

そんな疑問が頭をよぎったので調査してみることにしてみました!

調査した選手は、日本人投手で球速が速い順に並べて上位12位に入った選手についてです。

そしてそれぞれの選手の体格は、その球速を記録した年の体格について調査してみました。

この記事を読んで「速いストレートを投げるためにはどのくらい大きな体を作ればよいのか?」という疑問について少しでも参考になれば幸いです。

それでは早速見ていきたいと思います!

日本人投手の中で自己最速の球速がトップ12に入る選手とは?

Embed from Getty Images
今回日本を代表するスピードボーラーの体格を調査しました。

その前に、どんな選手たちの身長や体重について調査したのかここで紹介したいと思います!

日本人のピッチャーで球速が速い投手上位12位にランクインしている選手をピックアップしてみました。

それがこちらです!

日本人投手球速ランキングトップ12
順位 球速(㎞/h) 選手名 チーム 記録年
1位 165 大谷 翔平 日本ハム 2016
2位 161 佐藤 由規 ヤクルト 2008
3位 160 藤浪 晋太郎 阪神 2016
4位 159 斎藤 隆 ドジャース 2007
ダルビッシュ有 レンジャーズ 2016
6位 158 伊良部 秀輝 ロッテ 1993
山口 和男 オリックス 2002
則本 昂大 楽天 2017
五十嵐 亮太 ヤクルト 2004
馬原 孝浩 ソフトバンク 2009
菊池 雄星 西武 2017
12位 157 与田 剛 中日 1990
平井 正史 オリックス 1995
久保田 智之 阪神 2005
浅尾 拓也 中日 2007
寺原 隼人 横浜 2008

いかがでしょうか?

2016年、日本ハムの大谷翔平投手が165㎞/hを記録した試合は記憶に新しいと思います!

また、今シーズン(2017年シーズン)も楽天の則本昂大投手や、西武の菊池雄星投手が158㎞/hの球速を記録しました!

菊池雄星投手が記録した158㎞/hは、左投手では日本球界歴代最速記録となっています!

また、日本人歴代球速上位12位の中に岩手県の花巻東高校出身の投手が2人もいるということはすごいことですね!

個人的にも花巻東の選手の育成方法や、岩手県に秘められた何かが非常に気になるところです。

ということで、実際に剛速球を投げる日本人投手の体格について見ていきましょう!

外国ピッチャーにも負けないストレートを投げるために必要な体格(身長・体重など)とは?

Embed from Getty Images
ここからが本題です!

先ほど紹介した剛速球を投げるピッチャーの体格について調べた結果を紹介していきます!

紹介する項目は以下の通りです。

  • 身長(㎝)
  • 体重(㎏)
  • 身長-体重
  • BMI

 

BMIとは体格を知る一つの指標で、体重(㎏)÷ 身長(m)÷ 身長(m)で計算されます。

一般的にはBMIは肥満やメタボを診断するうえで指標として使用するもので、スポーツ選手の体格を知るうえで使用する概念ではありません。

しかし、体格を知る身近な指標として自分と比較してもらうために一応計算し、表記しています。

それでは、各選手の体格(身長・体重など)を見ていきましょう!

日本人投手球速ランキングトップ12選手の体格
選手名 身長 体重 身長-体重 BMI
大谷 翔平 193 92 101 24.7
佐藤 由規 179 76 103 23.7
藤浪 晋太郎 197 89 108 22.9
斎藤 隆 188 90 98 25.5
ダルビッシュ有 196 100 96 26.0
伊良部 秀輝 193 108 85 29.0
山口 和男 186 93 93 26.9
則本 昂大 178 82 96 25.9
五十嵐 亮太 178 74 104 23.4
馬原 孝浩 181 80 101 24.4
菊池 雄星 184 100 84 29.5
与田 剛 182 84 98 25.4
平井 正史 183 92 91 27.5
久保田 智之 181 95 86 29.0
浅尾 拓也 182 68 114 20.5
寺原 隼人 179 87 92 27.2

日本球界歴代球速ランキングトップ12入りをした全投手の体格の平均値

日本人投手球速ランキングトップ12選手の体格の平均値
選手名 身長 体重 身長-体重 BMI
大谷 翔平 193 92 101 24.7
佐藤 由規 179 76 103 23.7
藤浪 晋太郎 197 89 108 22.9
斎藤 隆 188 90 98 25.5
ダルビッシュ有 196 100 96 26.0
伊良部 秀輝 193 108 85 29.0
山口 和男 186 93 93 26.9
則本 昂大 178 82 96 25.9
五十嵐 亮太 178 74 104 23.4
馬原 孝浩 181 80 101 24.4
菊池 雄星 184 100 84 29.5
与田 剛 182 84 98 25.4
平井 正史 183 92 91 27.5
久保田 智之 181 95 86 29.0
浅尾 拓也 182 68 114 20.5
寺原 隼人 179 87 92 27.2
平均値 185.0 88.1 96.9 25.7

全選手の体格を見てみると、

  • 身長・・・約185㎝
  • 体重・・・約88㎏
  • 身長-体重・・・約97
  • BMI・・・約26

というのが一つ標準値になりそうですね!

しかし、トップ12の中には身長が180㎝に満たない選手もいます。

  1. 佐藤由規投手
  2. 五十嵐亮太投手
  3. 則本昂大投手
  4. 寺原隼人投手

の4投手です!

BMIをみてもそこまで大きい体格をしているというわけではありませんね。

ピッチャーが速い球を投げるのに必要な要素はたくさんあります。

体格の良さや筋量も一つの要素ですが、腕のしなりを生み出す柔軟性、全ての力がボールにしっかりと伝わるような投球フォーム、下半身の強さ、握力など・・・

今挙げた4投手はそこまで大きな体格をしていませんが、これらの要素やその他様々な要素に強みを持っていると思われます。

なので身体が小さいからと言って、速い球が投げられないということではなさそうですね!

そんな中でもやはり大谷翔平投手の165㎞/hというのは異次元のスピードだということがわかります。

2位の投手が161㎞/hなのに対して、一人だけ球速が抜きん出ています!

体格が素晴らしいのはもちろん、スピードを出すための体格を以外のその他の要素を兼ね備えているという証拠ですね!

まとめ

今回の記事の内容をまとめていきたと思います!

プロ野球界日本人投手で球速ランキングトップ12に入っている全選手の体格を平均すると、

  • 身長・・・約185㎝
  • 体重・・・約88㎏
  • 身長-体重・・・約97
  • BMI・・・約26

このような結果が一つの基準になるということでした!

もちろん、投手は球速だけが全てではありません。

140㎞/hのストレートでも、その球のキレの良さで打たれない投手もいます。

なので、球速だけを上げればよいというわけでもありません。

しかし今ピッチャーをしている子供たちが、将来どのくらいの体格になれば速い球を投げることができるようになるかという参考になると思います。

この記事があなたにとって何かの役に立てば嬉しいです。

それでは次回の記事も楽しみにしていてくださいね!