最新版【ワールドカップ2018ロシア大会】各地域・大陸別に平均身長・体重・BMIなどを調査してみた!

こんにちは!

サッカー大好きな管理栄養士です!

前回の記事は、2018FIFAワールドカップロシア大会に出場した全32ヶ国の選手たちをポジション別に分けて体格を調査してまとめたものでした!

GK、DF、MF、FWの4つのポジション別に体格を調査することで、各ポジションに適した体格を知ることができました。

気になる方は是非この記事をご覧ください!

今回は、W杯2018ロシア大会に登録された全選手を地域・大陸別にわけて体格を調査してみました!

  1. アジア
  2. ヨーロッパ
  3. 南米
  4. 北中米カリブ海
  5. アフリカ

以上の5つの地域・大陸にわけて、それぞれの間で選手たちの体格に差はあるのか調べました。

それでは早速見ていきましょう!

この記事のデータを見る際の注意点

まずはこの記事を作成するにあたり使用した参考資料の紹介です!

次に、この記事にまとめてあるデータを見る際の注意点をいくつか紹介します。

  • 海外の選手の名前は発音によって表記と少し違う場合があります。
  • この記事内の【BMI】という数値は、体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)で計算。
  • この記事内の【身長-体重】という数値は、身長(cm)- 体重(kg)で計算。

それではここから、2018FIFAワールドカップロシア大会に出場した全32ヶ国の選手たちの地域・大陸ごとの体格について見ていきましょう!

2018W杯ロシア大会に出場した選手の地域・大陸ごとの体格一覧

まず、各地域・大陸ごとの体格に関する数値の算出方法について説明します。

全32ヶ国を次の各地域・大陸ごとに分類し、身長(cm)・体重(kg)・BMI・身長-体重などの平均値をはじき出しました!

  1. アジア
  2. ヨーロッパ
  3. 南米
  4. 北中米カリブ海
  5. アフリカ

また、次の各ポジション別にも選手達の体格について紹介していきたいと思います!

  • GK(ゴールキーパー)
  • DF(ディフェンダー)
  • MF(ミッドフィルダー)
  • FW(フォワード)

それではまず、ワールドカップに出場した各国を地域・大陸別に分けて紹介していきます!

この記事をスマホでご覧になっている方は、スマホを横向きにすると見やすいです!

2018W杯ロシア大会に出場したアジアの国の体格一覧

Group 国名 身長 体重 BMI 身長-体重
A サウジアラビア 177.6 70.4 22.3 107.2
B イラン 184.1 78.3 23.1 105.8
C オーストラリア 181.6 76.8 23.3 104.7
F 韓国 182.0 74.0 22.3 108.0
H 日本 178.8 71.9 22.5 107.0
平均値 180.8 74.3 22.7 106.5

2018W杯ロシア大会に出場したヨーロッパの国の体格一覧

Group 国名 身長 体重 BMI 身長-体重
A ロシア 184.8 77.8 22.8 107.0
B ポルトガル 179.2 73.3 22.8 105.8
B スペイン 179.9 75.1 23.2 104.8
C フランス 182.7 76.4 22.9 106.2
C デンマーク 185.7 78.7 22.8 107.0
D クロアチア 185.2 78.4 22.8 106.8
D アイスランド 185.4 79.9 23.2 105.6
E スイス 183.1 79.0 23.6 104.1
E セルビア 186.1 81.2 23.4 105.0
F ドイツ 185.9 81.2 23.5 104.7
F スウェーデン 185.9 79.2 22.9 106.7
G ベルギー 185.3 79.6 23.1 105.7
G イングランド 182.9 75.0 22.3 107.9
H ポーランド 183.5 77.1 22.9 106.4
平均値 184.0 78.0 23.0 106.0

2018W杯ロシア大会に出場した南米の国の体格一覧

Group 国名 身長 体重 BMI 身長-体重
A ウルグアイ 180.9 74.5 22.8 106.3
C ペルー 177.7 71.9 22.7 105.8
D アルゼンチン 179.8 76.1 23.5 103.7
E ブラジル 180.1 75.6 23.2 104.5
H コロンビア 180.3 76.6 23.5 103.7
平均値 179.8 74.9 23.1 104.8

2018W杯ロシア大会に出場した北中米カリブ海の国の体格一覧

Group 国名 身長 体重 BMI 身長-体重
E コスタリカ 181.0 72.8 22.2 108.3
F メキシコ 179.8 72.6 22.4 107.2
G パナマ 183.0 78.0 23.3 105.0
平均値 181.3 74.4 22.7 106.8

2018W杯ロシア大会に出場したアフリカの国の体格一覧

Group 国名 身長 体重 BMI 身長-体重
A エジプト 181.7 76.7 23.2 105.0
B モロッコ 183.1 74.4 22.2 108.7
D ナイジェリア 183.9 77.2 22.8 106.7
G チュニジア 182.9 76.4 22.8 106.5
H セネガル 184.2 77.2 22.7 107.0
平均値 183.2 76.4 22.8 106.8

地域・大陸別【身長(cm)、体重(kg)、BMI、身長‐体重】各指標のランキング

次は、地域・大陸別に体格に関する各指標をランキング形式で紹介していきます!

  1. アジア
  2. ヨーロッパ
  3. 南米
  4. 北中米カリブ海
  5. アフリカ

以上の中でどの地域・大陸が一番体格が良いのか、様々な指標をランキングで評価していきましょう!

地域・大陸別【身長(cm)】ランキング

順位 地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
1 ヨーロッパ 184.0 78.0 23.0 106.0
2 アフリカ 183.2 76.4 22.8 106.8
3 北中米カリブ海 181.3 74.4 22.7 106.8
4 アジア 180.8 74.3 22.7 106.5
5 南米 179.8 74.9 23.1 104.8

ヨーロッパのチームの全選手の平均身長が184.0cmというのは非常に大きいですね!

この結果には少し驚きました!

セットプレーはヨーロッパのチームにとって非常に強い武器となりそうですね!

地域・大陸別【体重(kg)】ランキング

順位 地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
1 ヨーロッパ 184.0 78.0 23.0 106.0
2 アフリカ 183.2 76.4 22.8 106.8
3 南米 179.8 74.9 23.1 104.8
4 北中米カリブ海 181.3 74.4 22.7 106.8
5 アジア 180.8 74.3 22.7 106.5

体重も身長と同様にヨーロッパの選手たちが一番重いという結果となりました!

平均体重が78.0kgというのはずば抜けて大きい数字です。

アジアと比較すると4kg近く差がありますし、日本代表との差はもっと大きな差となっています!

日本代表の平均身長や平均体重を知りたい方はこちらをご覧ください!

地域・大陸別【BMI】ランキング

順位 地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
1 南米 179.8 74.9 23.1 104.8
2 ヨーロッパ 184.0 78.0 23.0 106.0
3 アフリカ 183.2 76.4 22.8 106.8
4 アジア 180.8 74.3 22.7 106.5
5 北中米カリブ海 181.3 74.4 22.7 106.8

BMIは南米の選手たちが一番大きな数字となりました!

BMIとは本来、身長に対して体重がどのくらいあるのか?という肥満指数を表した数値です。

よってアスリートやスポーツ選手などの体格をBMIだけで正確に評価することはできません。

その理由などはこちらに詳しく書いてありますので読んでみてください!

しかし、BMIを使ってもある程度体格に関して目安というかたちで評価することができます。

  • BMI値が高い・・・身長に対して体重が重い
  • BMI値が低い・・・身長に対して体重が軽い

つまり、BMIが高い南米の選手はガッチリした体格をしているということになります!

地域・大陸別【身長-体重】ランキング

順位 地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
1 南米 179.8 74.9 23.1 104.8
2 ヨーロッパ 184.0 78.0 23.0 106.0
3 アジア 180.8 74.3 22.7 106.5
4 アフリカ 183.2 76.4 22.8 106.8
5 北中米カリブ海 181.3 74.4 22.7 106.8

身長-体重の指標についても南米の選手たちが一番低い数値になりました!

この指標もBMI同様に、身長に対して体重がどのくらいあるのか?という体格を示す目安となる指標です。

他の地域・大陸が106台なのに対して、南米の選手たちは唯一104台となっています。

南米の選手たちは身長はそこまで高くないにしても、その身長に対して体重があるということですね!

各ポジション別の体格の地域・大陸差

最後に各ポジション別にも体格差があるのか見ていきたいと思います!

  1. アジア
  2. ヨーロッパ
  3. 南米
  4. 北中米カリブ海
  5. アフリカ

以上の地域・大陸ごとに以下のポジションについて体格の各指標をまとめてみました。

  • GK(ゴールキーパー)
  • DF(ディフェンダー)
  • MF(ミッドフィルダー)
  • FW(フォワード)

全て表にまとめてみましたのでご覧ください!

地域・大陸 ポジション 身長 体重 BMI 身長-体重
アジア GK 187.9 80.3 22.8 107.6
DF 180.8 74.4 22.8 106.4
MF 178.2 70.5 22.2 107.7
FW 180.4 75.9 23.3 104.5
ヨーロッパ GK 190.5 84.3 23.2 106.2
DF 184.8 79.1 23.1 105.7
MF 181.2 75.0 22.8 106.2
FW 182.8 76.9 22.9 106.0
南米 GK 186.9 83.2 23.8 103.7
DF 181.2 76.7 23.4 104.4
MF 177.0 71.4 22.8 105.6
FW 177.2 72.2 23.0 105.0
北中米カリブ海 GK 184.9 77.4 22.7 107.4
DF 182.0 75.8 22.9 106.2
MF 178.8 70.7 22.1 108.1
FW 181.5 76.1 23.1 105.5
アフリカ GK 188.9 80.9 22.7 107.9
DF 184.4 77.6 22.8 106.8
MF 180.3 73.8 22.7 106.5
FW 182.0 75.5 22.8 106.5

上の表を地域・大陸別でよりわかりやすく比較できるように、ポジションごとに並び替えてみましょう!

各地域・大陸の【GK】の体格

地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
アジア 187.9 80.3 22.8 107.6
ヨーロッパ 190.5 84.3 23.2 106.2
南米 186.9 83.2 23.8 103.7
北中米カリブ海 184.9 77.4 22.7 107.4
アフリカ 188.9 80.9 22.7 107.9

GKはヨーロッパの選手が身長・体重共に一番大きな数値となっていますね!

BMI・身長-体重は南米の選手が一番大きな数値となっています。

各地域・大陸の【DF】の体格

地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
アジア 180.8 74.4 22.8 106.4
ヨーロッパ 184.8 79.1 23.1 105.7
南米 181.2 76.7 23.4 104.4
北中米カリブ海 182.0 75.8 22.9 106.2
アフリカ 184.4 77.6 22.8 106.8

DFでは、GK同様に身長・体重はヨーロッパの選手たちが一番大きな数値となりました!

BMI・身長-体重についても、GK同様に南米の選手たちが一番大きな数値となっています。

各地域・大陸の【MF】の体格

地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
アジア 178.2 70.5 22.2 107.7
ヨーロッパ 181.2 75.0 22.8 106.2
南米 177.0 71.4 22.8 105.6
北中米カリブ海 178.8 70.7 22.1 108.1
アフリカ 180.3 73.8 22.7 106.5

MFでは、身長・体重・BMIでヨーロッパの選手が最大値BMI・身長-体重で南米の選手が最大値となっています!

各地域・大陸の【FW】の体格

地域・大陸 身長 体重 BMI 身長-体重
アジア 180.4 75.9 23.3 104.5
ヨーロッパ 182.8 76.9 22.9 106.0
南米 177.2 72.2 23.0 105.0
北中米カリブ海 181.5 76.1 23.1 105.5
アフリカ 182.0 75.5 22.8 106.5

FWでは、ヨーロッパの選手が身長・体重で最も大きい数値となっています!

BMI・身長-体重に関しては、GK・DF・MFと各ポジションで南米の選手が最大値となっていましたが、FWに関してはアジアの選手が最大値となりますた!

アジアの国のFWの選手は身長に対してガッチリした選手が多いということですね!

まとめ

今回は、2018FIFAワールドカップロシア大会に出場した全32ヶ国の選手たちの体格を地域・大陸別に見ていきました!

そこでわかったことは、ヨーロッパ・南米の選手の体格は非常に大きいということでした。

ヨーロッパの選手たちは、身長・体重共にトップで全体的に大柄な選手が多いということです。

大きいのに動けるということですね!

南米の選手たちも、ヨーロッパの選手ほど身長は高くないですが、その身長に対して体重が重いということがわかりました!

つまり、ガッチリした選手が多いということです。

サッカー選手の体脂肪率はどの国の代表選手たちもほとんど同じだと仮定すると、身長に対して体重が重い南米の選手たちは筋肉量が多いと予想することができます。

南米の選手のシュート時の足の振り抜きの速さなどを見ると、特に下半身の筋肉量が他の地域・大陸の選手たちより発達しているのではないかと考えることもできます。

日本代表の選手たちもヨーロッパの選手や南米の選手たちと体格でも互角に渡り合えるようになったら、世界でもトップレベルのチームになりそうですね!

次の記事では、各チームがワールドカップロシア大会の初戦で先発したスタメンに絞って体格について調査したものとなっています。

初戦はワールドカップではとても重要な試合ですので、初戦に先発した選手たちの体格を調べてまとめてみました!

是非ご覧ください!