【2018夏の甲子園】完投した投手の平均投球数とマウンド上にいた平均時間とは?

こんにちは!

野球が大好きな元高校球児の管理栄養士です!

今回の記事では、第100回全国高校野球選手権記念大会全55試合の中で1試合を完投したピッチャーについて着目して記事を作成しました!

甲子園で1試合を1人で投げ切る投手は、どのくらい球数を投げるのか?どのくらいの時間マウンド上に立ち続けるのか?

そんなことを調査してみることにしました!

高校球児の中で『我こそは絶対的エースとして完投し、チームを勝利に導くぞ!』と意気込む選手はとても多いと思います。

そんなピッチャーのために、おおよその目安として1試合完投するための色々なデータを知っておいてほしいと思います!

それでは早速見ていきましょう!

全55試合の中で1人で完投した投手の各種データ一覧

2018年の夏の甲子園では全部で55試合が行われました!

その55試合の中で1人の投手が最後まで試合を投げ切った数が47回ありました。

そこで、完投した各投手について以下の項目を表にまとめてみました。

  1. 試合が行われた日付け・第○試合・対戦カード
  2. 完投した投手の高校名
  3. 完投した投手名
  4. 投球回数
  5. 守備時間(マウンド上に立っていた時間)

それでは以下の表をご覧ください!

日付・第○試合・対戦カード 高校名 投手名 投球数 守備時間
1 8/5②済美VS中央学院 済美 山口 9 109 38秒05秒
2 8/5②済美VS中央学院 中央学院 西村 9 151 51分15秒
3 8/6①山梨学院VS高知商業 高知商業 北代 9 150 48分50秒
4 8/6②作新学院VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 105 36分35秒
5 8/6③北照VS沖学園 沖学園 斉藤 9 124 33分15秒
6 8/6③北照VS沖学園 北照 原田 9 140 42分30秒
7 8/7①佐賀商業VS高岡商業 佐賀商業 木村 8 119 35分25秒
8 8/7③前橋育英VS近大付 前橋育英 恩田 9 103 29分35秒
9 8/7③前橋育英VS近大付 近大付 大石 9 120 34分35秒
10 8/7④益田東VS常葉菊川 益田東 和田 8 131 43分50秒
11 8/8①日南学園VS丸亀城西 日南学園 辰己 9 99 34分35秒
12 8/8①日南学園VS丸亀城西 丸亀城西 大前 9 126 41分10秒
13 8/8②金足農業VS鹿児島実 金足農業 吉田 9 157 48分35秒
14 8/8③大垣日大VS東海大星翔 東海大星翔 山下 8 126 40分10秒
15 8/8④花咲徳栄VS鳴門 花咲徳栄 野村 9 149 54分30秒
16 8/8④花咲徳栄VS鳴門 鳴門 西野 9 127 44分55秒
17 8/9①横浜VS愛産大三河 愛産大三河 松原 9 139 46分15秒
18 8/9②花巻東VS下関国際 下関国際 鶴田 10 127 42分20秒
19 8/9③創志学園VS創成館 創志学園 西 9 123 45分00秒
20 8/10③羽黒VS奈良大付 奈良大付 木村 9 132 37分45秒
21 8/11①龍谷大平安VS鳥取城北 鳥取城北 難波 9 147 57分10秒
22 8/11③報徳学園VS聖光学院 聖光学院 衛藤 9 137 43分10秒
23 8/12③星稜VS済美 済美 山口 13 184 65分45秒
24 8/12④慶応VS高知商業 高知商業 北代 9 121 37分45秒
25 8/13②佐久長聖VS高岡商業 高岡商業 山田 9 147 45分30秒
26 8/13③近江VS前橋育英 前橋育英 恩田 9 143 47分40秒
27 8/14①常葉菊川VS日南学園 日南学園 辰己 8 119 43分35秒
28 8/14①常葉菊川VS日南学園 常葉菊川 漢人 9 88 27分30秒
29 8/14②金足農業VS大垣日大 金足農業 吉田 9 154 39分40秒
30 8/15①下関国際VS創志学園 下関国際 鶴田 9 126 43分10秒
31 8/15①下関国際VS創志学園 創志学園 西 9 179 66分55秒
32 8/15③日大三VS奈良大付 奈良大付 木村 9 176 54分10秒
33 8/15④龍谷大平安VS八戸学院光星 龍谷大平安 小寺 9 128 40分45秒
34 8/16②二松学舎大付VS浦和学院 浦和学院 渡辺 9 109 35分45秒
35 8/16③済美VS高知商業 済美 山口 9 121 42分20秒
36 8/16③済美VS高知商業 高知商業 北代 9 148 47分35秒
37 8/16④大阪桐蔭VS高岡商 高岡商業 山田 8 138 42分15秒
38 8/17②金足農業VS横浜 横浜 板川 8 119 34分35秒
39 8/17②金足農業VS横浜 金足農業 吉田 9 164 51分20秒
40 8/17③下関国際VS木更津総合 下関国際 鶴田 9 137 40分40秒
41 8/17④日大三VS龍谷大平安 龍谷大平安 小寺 8 140 51分25秒
42 8/18③日大三VS下関国際 下関国際 鶴田 8 99 28分30秒
43 8/18④金足農業VS近江 金足農業 吉田 9 140 38分10秒
44 8/20①金足農業VS日大三 金足農業 吉田 9 134 43分10秒
45 8/20②済美VS大阪桐蔭 済美 山口 8 136 44分05秒
46 8/20②済美VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 155 55分25秒
47 8/21①金足農VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 112 36分30秒

2018年の夏の甲子園で複数回の試合を1人で完投したピッチャーは以下の11人です。

  1. 前橋育英  恩田投手・・・2完投
  2. 奈良大付  木村投手・・・2完投
  3. 龍谷大平安 小寺投手・・・2完投
  4. 日南学園  辰己投手・・・2完投
  5. 創志学園   西投手・・・2完投
  6. 高岡商業  山田投手・・・2完投
  7. 大阪桐蔭  柿木投手・・・3完投
  8. 高知商業  北代投手・・・3完投
  9. 下関国際  鶴田投手・・・4完投
  10. 済美    山口投手・・・4完投
  11. 金足農業  吉田投手・・・5完投

特に今大会は吉田投手の完投数が目立ちましたが、下関国際の鶴田君や済美の山口君も4試合で完投しています。

全試合生で観戦しましたが、連投にも関わらず疲労感が見られない安定したピッチングで非常に素晴らしい投手だなという印象がありました!

それでは甲子園でピッチャーが1試合完投するのに必要な投球数守備時間(マウンド上にいる時間)を見ていきましょう!

2018年夏の甲子園 投手が完投に要した投球数と守備時間とは?

ここでは、夏の猛烈な暑さの中で投げ抜いた投手たちの完投に要した投球数やマウンド上に立っていた時間をまとめていきたいと思います!

高校名 投手名 投球数 守備時間 投球数/回 守備時間/回
済美 山口 9 109 38秒05秒 12.1 253.9
中央学院 西村 9 151 51分15秒 16.8 341.7
高知商業 北代 9 150 48分50秒 16.7 325.6
大阪桐蔭 柿木 9 105 36分35秒 11.7 243.9
沖学園 斉藤 9 124 33分15秒 13.8 221.7
北照 原田 9 140 42分30秒 15.6 283.3
佐賀商業 木村 8 119 35分25秒 14.9 265.6
前橋育英 恩田 9 103 29分35秒 11.4 197.2
近大付 大石 9 120 34分35秒 13.3 230.6
益田東 和田 8 131 43分50秒 16.4 328.8
日南学園 辰己 9 99 34分35秒 11.0 230.6
丸亀城西 大前 9 126 41分10秒 14.0 274.4
金足農業 吉田 9 157 48分35秒 17.4 323.9
東海大星翔 山下 8 126 40分10秒 15.8 301.3
花咲徳栄 野村 9 149 54分30秒 16.6 363.3
鳴門 西野 9 127 44分55秒 14.1 299.4
愛産大三河 松原 9 139 46分15秒 15.4 308.3
下関国際 鶴田 10 127 42分20秒 12.7 254.0
創志学園 西 9 123 45分00秒 13.7 300.0
奈良大付 木村 9 132 37分45秒 14.7 251.7
鳥取城北 難波 9 147 57分10秒 16.3 385.6
聖光学院 衛藤 9 137 43分10秒 15.2 287.8
済美 山口 13 184 65分45秒 14.2 303.5
高知商業 北代 9 121 37分45秒 13.4 251.7
高岡商業 山田 9 147 45分30秒 16.3 303.3
前橋育英 恩田 9 143 47分40秒 15.9 317.8
日南学園 辰己 8 119 43分35秒 14.9 326.9
常葉菊川 漢人 9 88 27分30秒 9.8 183.3
金足農業 吉田 9 154 39分40秒 17.1 264.4
下関国際 鶴田 9 126 43分10秒 14.0 287.8
創志学園 西 9 179 66分55秒 19.9 446.1
奈良大付 木村 9 176 54分10秒 19.6 361.1
龍谷大平安 小寺 9 128 40分45秒 14.2 271.7
浦和学院 渡辺 9 109 35分45秒 12.1 238.3
済美 山口 9 121 42分20秒 13.4 282.2
高知商業 北代 9 148 47分35秒 16.4 317.2
高岡商業 山田 8 138 42分15秒 17.3 316.9
横浜 板川 8 119 34分35秒 14.9 259.4
金足農業 吉田 9 164 51分20秒 18.2 342.2
下関国際 鶴田 9 137 40分40秒 15.2 271.1
龍谷大平安 小寺 8 140 51分25秒 17.5 385.6
下関国際 鶴田 8 99 28分30秒 12.4 213.8
金足農業 吉田 9 140 38分10秒 15.6 254.4
金足農業 吉田 9 134 43分10秒 14.9 287.8
済美 山口 8 136 44分05秒 17.0 330.6
大阪桐蔭 柿木 9 155 55分25秒 17.2 369.4
大阪桐蔭 柿木 9 112 36分30秒 12.4 243.3
平均値 15.0 291.5

完投した投手は27人(47回)ですが、一人一人投球回数などが違うので単純に平均することができません。

そこで一度、各投手の1回あたりの投手数・守備時間を算出して、その値を9回に直すことで完投するのに必要な平均投球数とマウンド上いる時間を計算しました。

投球数・守備時間 完投全投手
投球数/回 15.0
9回あたり投球数 134.7
守備時間/回 291.5秒
9回あたり守備時間 43分43秒

甲子園でピッチャーが1試合を1人で投げ切った場合、勝ち負け関係なく1試合に必要な投球数は約135球、マウンド上に立っている時間は約43分程度ということです!

それでは次に、完投して且つその試合に勝利したピッチャーに着目してみましょう!

全55試合の中で完投勝利した投手の各種データ一覧

先ほどまでは、完投した全ての投手について紹介してきましたが、ここでは完投勝利した投手に絞って見ていきたいと思います。

1試合1人で投げ切って勝った投手は以下の通りです!

日付・第○試合・対戦カード 高校名 投手名 投球数 守備時間
1 8/5②済美VS中央学院 済美 山口 9 109 38秒05秒
2 8/6①山梨学院VS高知商業 高知商業 北代 9 150 48分50秒
3 8/6②作新学院VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 105 36分35秒
4 8/6③北照VS沖学園 沖学園 斉藤 9 124 33分15秒
5 8/7③前橋育英VS近大付 前橋育英 恩田 9 103 29分35秒
6 8/8①日南学園VS丸亀城西 日南学園 辰己 9 99 34分35秒
7 8/8②金足農業VS鹿児島実 金足農業 吉田 9 157 48分35秒
8 8/8④花咲徳栄VS鳴門 花咲徳栄 野村 9 149 54分30秒
9 8/9②花巻東VS下関国際 下関国際 鶴田 10 127 42分20秒
10 8/9③創志学園VS創成館 創志学園 西 9 123 45分00秒
11 8/10③羽黒VS奈良大付 奈良大付 木村 9 132 37分45秒
12 8/12③星稜VS済美 済美 山口 13 184 65分45秒
13 8/12④慶応VS高知商業 高知商業 北代 9 121 37分45秒
14 8/13②佐久長聖VS高岡商業 高岡商業 山田 9 147 45分30秒
15 8/14①常葉菊川VS日南学園 常葉菊川 漢人 9 88 27分30秒
16 8/14②金足農業VS大垣日大 金足農業 吉田 9 154 39分40秒
17 8/15①下関国際VS創志学園 下関国際 鶴田 9 126 43分10秒
18 8/15④龍谷大平安VS八戸学院光星 龍谷大平安 小寺 9 128 40分45秒
19 8/16②二松学舎大付VS浦和学院 浦和学院 渡辺 9 109 35分45秒
20 8/16③済美VS高知商業 済美 山口 9 121 42分20秒
21 8/17②金足農業VS横浜 金足農業 吉田 9 164 51分20秒
22 8/17③下関国際VS木更津総合 下関国際 鶴田 9 137 40分40秒
23 8/18④金足農業VS近江 金足農業 吉田 9 140 38分10秒
24 8/20①金足農業VS日大三 金足農業 吉田 9 134 43分10秒
25 8/20②済美VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 155 55分25秒
26 8/21①金足農VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 112 36分30秒

2018年の夏の甲子園で複数回完投勝利した投手は15人(26回)です!

その中で複数回完投勝利した投手は、

  1. 高知商業 北代投手・・・2回
  2. 大阪桐蔭 柿木投手・・・3回
  3. 下関国際 鶴田投手・・・3回
  4. 済美   山口投手・・・3回
  5. 金足農業 吉田投手・・・5回

の5人です!

2018年夏の甲子園 投手が完投勝利に要した投球数と守備時間とは?

ここでは完投勝利したピッチャーが1試合完投するのに要した投球数や守備時間を見ていきたいと思います!

高校名 投手名 投球数 守備時間 投球数/回 守備時間/回
済美 山口 9 109 38秒05秒 12.1 253.9
高知商業 北代 9 150 48分50秒 16.7 325.6
大阪桐蔭 柿木 9 105 36分35秒 11.7 243.9
沖学園 斉藤 9 124 33分15秒 13.8 221.7
前橋育英 恩田 9 103 29分35秒 11.4 197.2
日南学園 辰己 9 99 34分35秒 11.0 230.6
金足農業 吉田 9 157 48分35秒 17.4 323.9
花咲徳栄 野村 9 149 54分30秒 16.6 363.3
下関国際 鶴田 10 127 42分20秒 12.7 254.0
創志学園 西 9 123 45分00秒 13.7 300.0
奈良大付 木村 9 132 37分45秒 14.7 251.7
済美 山口 13 184 65分45秒 14.2 303.5
高知商業 北代 9 121 37分45秒 13.4 251.7
高岡商業 山田 9 147 45分30秒 16.3 303.3
常葉菊川 漢人 9 88 27分30秒 9.8 183.3
金足農業 吉田 9 154 39分40秒 17.1 264.4
下関国際 鶴田 9 126 43分10秒 14.0 287.8
龍谷大平安 小寺 9 128 40分45秒 14.2 271.7
浦和学院 渡辺 9 109 35分45秒 12.1 238.3
済美 山口 9 121 42分20秒 13.4 282.2
金足農業 吉田 9 164 51分20秒 18.2 342.2
下関国際 鶴田 9 137 40分40秒 15.2 271.1
金足農業 吉田 9 140 38分10秒 15.6 254.4
金足農業 吉田 9 134 43分10秒 14.9 287.8
大阪桐蔭 柿木 9 155 55分25秒 17.2 369.4
大阪桐蔭 柿木 9 112 36分30秒 12.4 243.3
平均値 14.2 273.9

完投勝利した投手は15人(26回)ですが、一人一人投球回数などが違うので単純に平均することができません。

そこで先ほど同様に、一度各投手の1回あたりの投手数・守備時間を算出して、その値を9回に直すことで完投するのに必要な平均投球数とマウンド上いる時間を計算しました。

投球数・守備時間 完投勝利全投手
投球数/回 14.2
9回あたり投球数 128.0
守備時間/回 273.9秒
9回あたり守備時間 41分04秒

甲子園でピッチャーが1試合を1人で完投した場合、1試合に必要な投球数は約128球、マウンド上に立っている時間は約41分程度ということです!

2018年春の甲子園でのデータとの比較

投球数・守備時間 2018春 2018夏
完投全投手 完投勝利全投手 完投全投手 完投勝利全投手
投球数/回 15.2 14.4 15.0 14.2
9回あたり投球数 137.0 129.6 134.7 128.0
守備時間/回 295.6秒 273.4秒 291.5秒 273.9秒
9回あたり守備時間 44分21秒 41分00秒 43分43秒 41分04秒

この表から、完投するのに必要な球数などはおおよそ目安がわかりますね!

全55試合の中で最も省エネで完投勝利したピッチャーとは?

完投して勝利した投手を投球数が少ない順番に並び替えてみました!

日付・第○試合・対戦カード 高校名 投手名 投球数 守備時間
8/14①常葉菊川VS日南学園 常葉菊川 漢人 9 88 27分30秒
8/8①日南学園VS丸亀城西 日南学園 辰己 9 99 34分35秒
8/7③前橋育英VS近大付 前橋育英 恩田 9 103 29分35秒
8/6②作新学院VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 105 36分35秒
8/5②済美VS中央学院 済美 山口 9 109 38秒05秒
8/16②二松学舎大付VS浦和学院 浦和学院 渡辺 9 109 35分45秒
8/21①金足農VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 112 36分30秒
8/12④慶応VS高知商業 高知商業 北代 9 121 37分45秒
8/16③済美VS高知商業 済美 山口 9 121 42分20秒
8/9③創志学園VS創成館 創志学園 西 9 123 45分00秒
8/6③北照VS沖学園 沖学園 斉藤 9 124 33分15秒
8/15①下関国際VS創志学園 下関国際 鶴田 9 126 43分10秒
8/9②花巻東VS下関国際 下関国際 鶴田 10 127 42分20秒
8/15④龍谷大平安VS八戸学院光星 龍谷大平安 小寺 9 128 40分45秒
8/10③羽黒VS奈良大付 奈良大付 木村 9 132 37分45秒
8/20①金足農業VS日大三 金足農業 吉田 9 134 43分10秒
8/17③下関国際VS木更津総合 下関国際 鶴田 9 137 40分40秒
8/18④金足農業VS近江 金足農業 吉田 9 140 38分10秒
8/13②佐久長聖VS高岡商業 高岡商業 山田 9 147 45分30秒
8/8④花咲徳栄VS鳴門 花咲徳栄 野村 9 149 54分30秒
8/6①山梨学院VS高知商業 高知商業 北代 9 150 48分50秒
8/14②金足農業VS大垣日大 金足農業 吉田 9 154 39分40秒
8/20②済美VS大阪桐蔭 大阪桐蔭 柿木 9 155 55分25秒
8/8②金足農業VS鹿児島実 金足農業 吉田 9 157 48分35秒
8/17②金足農業VS横浜 金足農業 吉田 9 164 51分20秒
8/12③星稜VS済美 済美 山口 13 184 65分45秒

このような結果となりました。

当たり前ですが、投球数が少なければマウンド上に立っている時間が短くなりますので体力の消耗もできるだけ抑えることができます。

今大会の金足農業の吉田君のように、1人で1大会を投げ切っていくようなスタイルが最初から作られているチーム・あるいはピッチャーの場合は、次戦を考えて投球数や守備時間をできるだけ減らしていくことが必要ですね!

吉田投手(金足農業)の決勝戦までの投球数や守備時間は?

2018年夏の甲子園大会で最もマウンド上に立ち続け、最も投球数を投げたのが金足農業の吉田輝星投手でした。

それでは、決勝戦までにどのくらいマウンドに立ち、投げていたのか見ていきたいと思います!

日付・第○試合・対戦カード 投球数 守備時間
8/8②金足農業VS鹿児島実 9 157 48分35秒
8/14②金足農業VS大垣日大 9 154 39分40秒
8/17②金足農業VS横浜 9 164 51分20秒
8/18④金足農業VS近江 9 140 38分10秒
8/20①金足農業VS日大三 9 134 43分10秒
合計 45 749 3時間40分55秒

決勝戦に臨むまでに投球数が749球、マウンド上に立った累計時間が約3時間40分という結果でした。

しかも金足農業の試合日程は、

  • 1回戦・・・第2試合(10時21分試合開始
  • 2回戦・・・第2試合(11時50分試合開始
  • 3回戦・・・第2試合(10時26分試合開始
  • 準々決勝・・・第4試合(15時58分試合開始)
  • 準決勝・・・第1試合(10時04分試合開始

このように準々決勝の日を除いて、ここから暑くなるという時間帯からの試合でした。

つまり吉田投手は、投球数やマウンド上に立っていた時間はさることながら、その試合環境的においても過酷な状況の中でピッチングをしていたということになります。

それでも集中力が途切れることなく、自分のピッチングスタイルを継続しながら勝ちきるところはやはり実力は本物ですね!

準決勝の試合が終わったのが8月20日12時17分頃でしたので、翌日の決勝戦のプレイボール(8月21日14時00分)まで26時間しか休めない(ウォーミングアップなども含めたら実質24時間程度)という中、コンディションを調整するのは非常に困難な状況だったと思います。

私は管理栄養士という職業柄、試合中や試合後、夕食、朝食、試合前など、食事で必要な栄養素をしっかりと摂取できているか心配していました。

栄養学的に考えると、筋肉や肝臓のグリコーゲン(投手のエネルギータンク)を26時間で満タンに戻すことはほぼ不可能ですし、そのような知識があって食事をしている可能性は低いので、自分でよければ力になってあげたいなぁと思いながら試合を見ていました。

甲子園のように、短期間で5,6試合行われるような大会では、必ず栄養学的なサポートやコンディションの調整は必須となってきます。

なぜなら、限られた食事回数や、食事量、休養時間の中で選手たちのパフォーマンスを最大限に引き上げる必要があるからです。

私も今後は、野球をしていた経験を活かして甲子園に出場するチームの選手に寄り添ってアドバイスなどができたらと思っています!

ということで、今回は甲子園という晴れ舞台で完投した投手についての記事でした!

将来、金足農業の吉田投手のように絶対的エースとして完投して、チームを勝利に導きたいと夢見る少年たちに是非参考してほしいと思います。